BAR TIMES

2018.06.27 Wed

北添 智之 氏のコメント

ボンベイ・サファイア トニックエッセンス


北添 智之 氏
Mixologist株式会社代表取締役。「BAR RAGE AOYAMA」(東京・青山)などの経営を行う。
ミクソロジストとして素材を重視したいという考え方があるので、「ジントニックをよりクラフト感がある質のよいものにしていきたい」という岸代表のお考えにすぐに共感し、トニックウォーター誕生の歴史的背景から、より本物に近づける為の味わいと構成を考えました。凝縮されたトニックエッセンスは、あらゆるカクテルの味わいに深みを与えるアイテムとなるでしょう。ボンベイ・サファイアとは、味わいの柱がつながる構成に仕上げているので、リッチでスムーズなボンベイ・サファイアのジントニックになります。ドライテイストから濃厚なテイストまでボンベイ・サファイアトニックの新しい味わいをお楽しみ下さい。


「北添さんにとってのジントニックとはなんですか?」
この業界に入ったとき、緊張感を持って取り組んだ最初のカクテルというイメージです。同じ材料でも意識を変えることでカクテルの質が上がる。バーテンダーという仕事に向き合うきっかけとなったカクテルです。

「今回のメンバーでの開発はいかがでしたか?」
ミクソロジストとして素材を重視したいという考え方があるので、「ジントニックをよりクラフト感がある質のよいものにしていきたい」という岸代表の考え方にすぐに共感しました。今回ご一緒した4名のバーテンダーは、バー業界に大きな影響力を持つ方々だと思います。緊張しつつもとてもよい時間になりました。ナチュラルな素材を使い商品化する事の限界を知るなど、難しさもありましたがとても良いものができたと思います。

「北添さんのお勧めするトニックエッセンスの使い方を教えてください。」
ジントニックとして使う場合は、推奨レシピのジントニックよりもジンの量をやや増やし、オレンジビターズを1ダッシュ、ライム1/6を使い、柑橘をきかせたジントニックが好みです。また、ジントニック以外では「Sevens Heaven」。通常、デュポネリキュール (キナ樹皮)を使用したレシピが使われますが、日本人にはクリアな味わいのジンにマラスキーノ、グレープフルーツを入れたシンプルバージョンが一般的です。こちらにトニックエッセンスを加える事で、深みのある味わいとなり、キナ由来の心地の良い苦味が続きます。キナとジンとの相性はそもそも良いので、ジン系のカクテルにはお勧めです。




関連記事はこちら

PAGE TOP