BAR TIMES

2018.06.27 Wed

松葉 道彦 氏のコメント

ボンベイ・サファイア トニックエッセンス


松葉 道彦 氏
一般社団法人日本バーテンダー協会関西統括本部理事。「Bar. K」(大阪・梅田)オーナーバーテンダー。
ここ数年、世界のバーシーンでジンブームと共に、進化と多様化しているジントニック。このトニックエッセンスは、天然由来のキナ抽出物を使用しながら、カクテルにしたときの透明度を高め、ボンベイ・サファイア、トニックエッセンス、ソーダ、ライムの黄金比率を目指しました。ほかの様々なカクテルにおいても、甘味、酸味、苦味のバランス調整やアクセントに効果的でありますし、国外にあるトニックシロップや自家製の物とは一線を画した、どのようなバーテンダーにも使いやすい出来栄えではないかと思います。私自身も地元の炭酸水を使ってサファイアジントニックの完成を目指したいと思っております。


「松葉さんにとってのジントニックとはなんですか?」
バーのファーストドリンクとして最もバーらしいドリンクだと思います。お店ごとの個性もでますし、シチュエーションを選ばずどんなお客様にも楽しんでいただける。爽やかでありながら、ソフトドリンクにはない本格的なアルコール飲料の味わいがするのが魅力です。

「今回のメンバーでの開発はいかがでしたか?」
一言でいうとすごいメンバーでした。この熟練のメンバーとともにトライアンドエラーを繰り返して、前に進めていくのはとても勉強になりました。いろいろな角度からジントニックを見ることで、ボンベイ・サファイアの秘めたる底力を見せつけられたように思います。トニックエッセンスの味わいは、微妙なテイストをききわけて、ベストなものを選んでいったのですが、メンバーの意見はみな近しいものに集約されていきました。共通の認識を持てたことに安心感もありましたね。

「松葉さんのお勧めするトニックエッセンスの使い方を教えてください。」
ジントニックで使う際は、通常の材料よりひとつ増えることになるので、よく混ぜてひとつの味にすることがポイントだと思います。トニックエッセンスを使ったプライムジントニックの場合は氷柱でなく、クラックドアイスを使用し、ジンとトニックエッセンス、ライムを先に混ぜ合わせます。その後、ソーダを30ml、60mlと2段階に分けていれ、最後にライムピールを搾ります。大阪の能勢ソーダがこのエッセンスとはとても相性が良いです。ジントニック以外ですと、フレンチ75のツイストです。クベブベリーやオリスを含むボンベイ・サファイアはスパークリングワインとの相性が抜群。ボンベイ・サファイア30ml、トニックエッセンス15ml、レモンジュース5mlにスパークリングワインを適量注いだフレンチ75のエッセンスツイストはボンベイ・サファイアだからこそ楽しめるカクテルだと思います。




関連記事はこちら

PAGE TOP