BAR TIMES

2018.06.27 Wed

上野 秀嗣 氏のコメント

ボンベイ・サファイア トニックエッセンス


上野 秀嗣 氏
一般社団法人日本バーテンダー協会専務理事。「BAR HIGH FIVE」(東京・銀座)オーナーバーテンダー。
他の追随を許さない唯一無二の“ホンモノ”を目指したこのトニックエッセンスは、無限の可能性を持っています。ジントニックの完成度を完璧に仕上げる事は元より、それにとどまるところではありません。苦味、甘味、香味、その全てがカクテルの幅を広げてくれる、実に創作心をくすぐるものです。使い方は作り手次第、何処までもその創作意欲を掻き立ててくれるものと信じています。ほんのりとした苦みの心地よさはまさに日本人の繊細な舌に合うもののはずですから、是非色々と試していただいて、自分だけのエッセンスの使い方を見出してほしいと思います。


「上野さんにとってのジントニックとはなんですか?」
素材がシンプルなだけにプロのバーテンダーとしての力が出やすいカクテルだと思います。ジントニックが美味しいと言われるのはなにより嬉しい。「STAR BAR GINZA」が開店した2000年、私もバーテンダーとして「STAR BAR GINZA」にいましたが、ジントニックは本当によく出ました。ジントニックはこの形でいこうとスタイルを決めた最初のカクテルで、いまでも当時の「STAR BAR GINZA」と同じレシピでジントニックを作っています。

「今回のメンバーでの開発はいかがでしたか?」
経験や多様性があるメンバーで、すごく良いものができると最初から確信していました。それぞれ違う個性があるにも関わらず、こうしたらいいということが共通していて、ひとつのものに向かって淀みなく進めたという印象です。トニックエッセンスの調合は初めてでしたが、考えてみるとカクテル作りと同じ。カクテルを作るような姿勢でワクワクしながら取り組めました。

「上野さんのお勧めするトニックエッセンスの使い方を教えてください。」
このトニックエッセンスは無限の可能性を持っています。いま世界のカクテルのトレンドとしては、ビター感が必須アイテムのひとつ。やわらかい苦みはギムレットにも相性がよいと思いますし、今回新たに考えてみたのは「クリスタルネグローニ」です。キナに合わせてシナモンを入れることにより、樹皮系の苦みでまとめたもので、ボンベイ・サファイア45ml、ノイリ―プラット ドライ30ml、トニックエッセンス15mlを大きめの氷をひとつ入れたオンザロックグラスにビルドし、シナモンをさします。ほんのりとした苦みの心地よさは日本人の繊細な舌にも合うものですから、ぜひ楽しんでいただきたいです。




関連記事はこちら

PAGE TOP