BAR TIMES

2018.06.27 Wed

浅倉 淳 氏のコメント

ボンベイ・サファイア トニックエッセンス


浅倉 淳 氏
一般社団法人日本バーテンダー協会関東統括本部理事。「BAR ANTHEM」(東京・銀座)オーナーバーテンダー。
ここ数年、国内外のジンの銘柄の急増と共に、トニックウォーターへの注目も高まり、本格的なトニックウォーターを求めるバーテンダーが増えています。このトニックエッセンスはジュース類との相性もよく、様々なカクテルの副材料としても使用していただけます。ボンベイ・サファイアのボタニカルの一つであるクベブベリーが使用されているため、ボンベイ・サファイアベースのカクテルに甘味と苦味だけでなく、繊細で淡く艶のある香りと味わいをあたえてくれます。私自身はシェイクのジントニックを提供しておりますし、是非自らのスタイルで活用していただけたらと思います。


「浅倉さんにとってのジントニックとはなんですか?」
バーテンダーが最初に覚えるカクテルのひとつで、一生付き合っていくカクテルのひとつでもあると思っています。ジントニックを作っているのを見るとそのお店の方向性が分かる。粉末のキナ皮を使うなど自分なりのアレンジをこれまでもしていますが、目指しているジントニックは、ジンの個性を出しながらまずは1杯目に飲んでいただけるカクテル。度数は抑え、ほどよい酸味と甘みを持たせて、お客様にとってよいスターターとなるようなジントニックです。

「今回のメンバーでの開発はいかがでしたか?」
スタイルやエリアも多様なメンバーで、岸代表は幅広く飲んでいただけるトニックエッセンスを目指すのだろうなと感じました。はじめてみると、それぞれ普段のスタイルは違うものの、落としどころはひとつ。キナ皮の個性の出し方やサファイアに合うものを選ぶ工程は勉強になり、ジントニックの奥深さを改めて感じました。

「浅倉さんのお勧めするトニックエッセンスの使い方を教えてください。」
推奨レシピではビルドのジントニックですが、私が提供しているのはシェイクのジントニックです。シェイクすることで一口目をより冷たくすることができますし、氷が溶けてジンとライム、トニックエッセンスに一体感がでます。ソーダを90ml入れたグラスに、シェイクしたジン30ml・トニックエッセンス10ml・ライム3mlを入れ、1/8のライムを落とすのが私のスタイルです。




関連記事はこちら

PAGE TOP