fbpx

バーをこよなく愛すバーファンのための WEB マガジン

華やかな香りが特徴のスコットランドのモルトと、ビターな余韻が特徴の日本のモルトが出会い、互いの個性を発揮しながら繰り広げる心地良い音楽のようなウイスキーです。華やかな香りとモルトの香ばしさ、なめらかな口当たりとオークの甘さ。ビターを伴うピートの余韻が特徴です。

NIKKA SESSION COCKTAIL EXPERIENCE 2024

2024年で創業90周年を迎えるニッカウヰスキー。数あるウイスキーの中でも、『ニッカ セッション』は2020年発売の比較的新しい銘柄で、日本の余市モルト、宮城峡モルト、ベン・ネヴィスを含むスコットランドのモルトが多様にブレンドされている。それにより味わいの表情が実に豊かで、どこを切り取るかによって感じ方が変わる。だからカクテルにすると面白いのだ。当企画では、3人のバーテンダーに『ニッカ セッション』を使ったカクテルを考案してもらう。さらに、「あなたとニッカの“セッション”」をテーマに自身のバーテンダー人生とニッカウヰスキーが共鳴し、「奏楽」する点を語ってもらった。

【順次公開】高橋 直美さん(BAR GASLIGHT EVE/東京・銀座)

NIKKA SESSION × COCKTAIL & MUSIC 2023

『ニッカ セッション』。ジャパニーズとスコティッシュモルトの伝統と技術はそのままに、これまででは考えられないブルーボトル、新たな創造や潮流を躍動的に表現したブルーのラベルデザイン、そしてカクテルベースとしての高い可能性。何もかもが新しいウイスキーなのだ。このウイスキーを創造するのに、ブレンダーがイメージしたのは「音楽」。音を奏でるようにモルトを重ねた、心地よい音楽のようなウイスキーを目指した。そんな『ニッカ セッション』からはどんな音楽が聴こえてくるのか。インスパイアされる音楽と、その曲を耳にしながら愉しみたいカクテルを4人のバーテンダーに訊く。

NIKKA SESSION WHISKY COCKTAIL 2022

2020年9月、ニッカウヰスキーが6年ぶりにリリースした「ニッカ セッション」。グレーンを使わず、スコットランドと日本のモルト原酒のみをブレンドした、次世代のプレミアムウイスキーです。今回はトップバーテンダーの皆様に、自由な感性と創造性で、「ニッカ セッション」の潜在力を引き出す新しいウイスキーカクテルに挑戦していただきました。


バーをこよなく愛す、バーファンのためのWEBマガジン
BAR TIMES の TOP へ戻る

PAGE TOP