BAR TIMES

2016.07.27 Wed

『BAR TIMES マスタークラス』実施レポート!“グラスを変えるとビールが変わる”
「シュピゲラウ」クラフトビールグラスで
驚きのテイスティング!

BAR TIMES マスタークラス

2016年7月13日、リーデル青山本店にてドイツの名門グラスウェアブランド「シュピゲラウ」のご協力のもと『BAR TIMES マスタークラス』を実施いたしました。「シュピゲラウ」のチーフ グラスエデュケイターである庄司大輔氏を講師に、グラスの形状がいかにクラフトビールの香りや味わいに影響を与えるかなど、実際にテイスティングを行いながら約1時間にわたりレクチャーいただきました。あいにくの雨模様にもかかわらず多くの方にご参加いただき「シュピゲラウ」のビールグラスにおける機能とその魅力を体験いただくことができました。目からウロコのクラフトビールグラス テイスティングの模様をレポートいたします。

0721-1「シュピゲラウ」チーフ グラスエデュケイターの庄司大輔氏にレクチャーいただきました。
0721-2リーデル青山本店のセミナー会場で実施しました。

0721-3今回使用したグラス。右から「STOUT」、「IPA」、「AMERICAN WHEAT BEER/WITBIER」、一般的なパイントグラス。
ビールの香りはもちろん
舌に流れ込む位置までも設計されたグラス

「シュピゲラウ」がつくるビールグラスは、クラフトビールのブルワーや専門家と共に開発したクラフトビール専用のグラスです。まずは、その特徴的なグラス形状が持つ機能のお話から。卵型の部分はワイングラスと同様香りを集める役割があるほか、形によって舌に流れるビールの場所が変わり味わいにも違いが出るのだそう。また、くびれのあるボトム部分はグラスを上げ下げするたびにビールが空気と触れ合い、再び細かい泡をつくる「泡のリチャージ」の効果があります。そしてもうひとつグラスの厚みも重要で、薄いグラスと一般的な分厚いパイントグラスを比較すると、ビールを注いだ直後の温度変化が大きく飲み口の感じ方が変わるのだとご説明いただきました。

0721-4強い苦味とホップの香りを実感する「IPA」グラス。
ホップの香りを最大限に引き出す
「IPA(INDIA PALE ALE)」グラス

昨今のクラフトビールブームから日本でも親しまれるようになった「IPA」ビール。強い苦味とホップの香りが一番の特徴です。早速「IPA」グラスに注ぎ香りを確かめてみるとホップの香りが立ち上がり、グレープフルーツのような柑橘系の香りが続きます。パイントグラスと香りを比較しましたが、その違いは歴然! パイントグラスは香りが逃げる印象でしたが、「IPA」グラスは溜まった香りが直接鼻に届く感じです。ひと口飲んでみると舌のやや奥にビールが流れ強い苦味とモルトの甘味を実感できました。同じ「IPA」ビールでもブルワリーごとの特徴を見い出せる、そんな楽しみ方ができるグラスです。

0721-5ローストした芳ばしいモルトの味わいが感じらる「STOUT」。
モルトの特徴を最大限に引き出す
「STOUT」グラス

大麦を黒くなるまでローストした濃色の「スタウト」ビールは日本でもお馴染みです。このビール専用の「STOUT」グラスは、先ほどの「IPA」グラスと似た形状ですが卵型の部分がやや角張った感じに設計されています。実際に両方のグラスに「STOUT」ビールを注ぎ口に含んでみましたが、舌へ流れ込むビールの位置が大きく異なりました。舌先から入り奥へ広がる味わいは、焙煎した芳ばしいモルトの風味、コーヒーやチョコといった余韻を残します。きめ細かな泡をつくり出すためにも、勢いよく「STOUT」ビールを注ぐのが良いのだそうです。

0721-6小麦由来のフルーティーな香りをしっかりと実感できる「AMERICAN WHEAT BEER/WITBIER」。
酵母の特徴を最大限に引き出す
「AMERICAN WHEAT BEER/WITBIER」グラス

最後にテイスティングしたのは「アメリカン・ウィート・ビール」です。小麦由来のやわらかな口当たりとフルーティーな香りが特徴で、女性に人気が高いビールなのだそう。容量が約750mlもあり3種類のグラスの中でもっとも大振りな「AMERICAN WHEAT BEER/WITBIER」グラスは、シラー系のワイングラスに似たふっくらとした形状が特徴です。ビールを注ぎまず香りを確かめると、「アメリカン・ウィート・ビール」に感じられるフルーティーなエステル香がふわっと立ち上がります。ひと口飲んでみると何とも爽やかな風味が口いっぱいに広がりやさしい味わいを実感することができました。

0721-7

こうして3種類のグラスで飲み比べてみると、クラフトビールの香りや味わいの違いがはっきりと分かりました。「グラスを変えるとビールが変わる」。まさにそれを体験できた驚きと発見のマスタークラスでした。ご参加いただきました皆様、どうもありがとうございました。また、まだ体験されていない皆様もぜひ「シュピゲラウ」のクラフトビールグラスでこの驚きを実感してみてください。

0721-8 クラフトビール・テイスティング・キット
今回の『BAR TIMES マスタークラス』でテイスティングに使用した「シュピゲラウ」クラフトビールグラスは下記のサイトでご購入いただけます。

789654
77777
1e24f33f8ab4e5517e4f16755d5bcc90
yahoo_r

関連記事はこちら

PAGE TOP