BAR TIMES

2019.02.25 Mon

130年の歴史を持つ鹿児島の小正醸造がつくったKOMASA GIN(コマサ ジン)

小正醸造株式会社

KOMASA GIN(コマサ ジン)-桜島小みかん-は、鹿児島県で130年以上にわたって焼酎をつくり続けてきた 小正醸造が送り出す、幅広い人々に飲みやすく、かつ、スピリッツの魅力を追求した新感覚のジンです。口にした瞬間、ジンのドライな味わいとみかん独特の優しい柑橘の香りが広がる飲み口は、ほかにはない独特のもの。溢れるフレッシュなみかんの香りは、パーティから家飲みまで幅広いシーンで存在感を発揮します。


みかんの香りが溢れてる!


主役となるボタニカルは「桜島小みかん」。みかんの中では世界最小と言われているこのみかんは、火山灰土壌のために稲作に適さない桜島における重要作物となっています。直径4-5cm、重量20g~50gと非常に小さな果実のなかに、甘みがギュッと濃縮された、鹿児島県の冬の風物詩です。ジンには必要不可欠なスパイス、ジンの香りの元になるジュニパーベリーも、厳選した素材を使用しています。


KOMASA GIN(コマサ ジン)-桜島小みかん-
500ml 45度


米焼酎にジュニパーベリーと桜島小みかんなど厳選したボタニカルを加えて製造しています。ジンのドライな味わいとみかん独特の優しい 柑橘の香りが広がります。

KOMASA GIN(コマサ ジン)-ほうじ茶-(新発売)
500ml 45度


平成31年3月14日新発売
「KOMASA GIN-桜島小みかん-」に続くクラフトジンのレーベルです。 米焼酎にジュニパーベリーと鹿児島県産ほうじ茶など厳選したボタニカルを加えて製造しています。

関連記事はこちら

PAGE TOP