BAR TIMES

2018.12.13 Thu

オレンジの複雑さや可能性を表現した特別デザイン「コアントロー700ml オレンジボトル」数量限定発売

レミー コアントロー ジャパン 株式会社

Rémy Cointreau Japan株式会社(レミー コアントロー ジャパン/東京都港区/代表取締役 宮﨑俊治)は、フランス産プレミアムオレンジリキュール 「コアントロー」から、数量限定の『コアントロー700ml オレンジボトル』を、2019年1月7日(月)より出荷することをご案内します。

この『オレンジボトル』は、ロンドン中心部にある芸術大学、セントラル・セント・マーティンズのデザイン・ラボラトリーのメンバーと協力し、コアントローにとって特別な果実である「オレンジ」をテーマに、特別にデザインされたボトルです。期間限定で「コアントロー 700ml」として出荷されますが、在庫がなくなり次第通常ボトルでの出荷となります。

「コアントロー700ml オレンジボトル」
「コアントロー700ml オレンジボトル」は、ロンドン中心部にある芸術大学、セントラル・セント・マーティンズのデザイン・ラボラトリーのメンバーと協力し、特別にデザインされたボトルです。セントラル・セント・マーティンズは、イギリスの芸術家に送られるターナー賞や、オスカー賞受賞者を多く輩出し、世界的にも高い評価を受けています。そこに創設されたデザイン・ラボラトリーは、現在、グラフィック、ファッション、製品、トレンドのコンサルティングを世界的に行う、クリエイティブチームです。

この限定ボトルには、コアントローにとって最も重要である果実「オレンジ」が、その要素まで細かく観察され、モダンなアレンジで描かれています。モダンでありながらも、コアントローを創り上げたエドゥアール・コアントローの思い、その後約170年にわたる歴史や、コアントローの豊かなアロマやフレーバー、そして当時のヨーロッパでは非常に貴重であったオレンジの持つ複雑さや可能性までもが、このデザインの中には込められているのです。

オレンジは、コアントロー家では今も、ギリシャ神話の「Jardin des Hesperides(ヘスペリデスの園)」にあった「黄金のリンゴ」と例えられています。この限定ボトルに華やかに描かれたデザインは、コアントローの様々な素材と調和する多様性、そして、豊かなアロマやフレーバーの完璧なバランスが、我々の感覚を刺激し、様々なアイデアをひきだしてくれるという意味を込め、果実の園「Extraordinary Orchard(途方もなく素晴らしい果樹園)」と呼んでいます。

商品詳細
商品名 / コアントロー 700ml オレンジボトル COINTREAU ORANGE BOTTLE 700ml
アルコール度数・容量 / 40度・700ml
希望小売価格(本体) / 2,000円

コアントローとは
1849年、フランスのアンジェにて創業。厳選したスイートオレンジとビターオレンジ の2種類のピール(果皮)を使用したオレンジリキュールです。エッセンスの含有量は オレンジリキュールの中で最も高く、一方で甘みは抑えられています。
香り高いオレンジ のアロマとバランスの良いフレーバーで、発売以来オレンジリキュール(トリプルセック)のベンチマークとして絶大な人気を誇り、世界中のバーテンダーから「バーには必ずあるべきリキュール」と支持されています。

関連記事はこちら

PAGE TOP