BAR TIMES

2018.10.30 Tue

世界で最も価値のあるスピリッツブランドに認定『ジャック ダニエル』3年連続。

アサヒビール株式会社

ブラウン・フォーマン社が製造し、日本ではアサヒビール株式会社(本社東京、社長 平野伸一)が販売権を持つアメリカ テネシーウイスキーの『ジャック ダニエル』が3年連続で、世界で最も価値のあるスピリッツブランドに選ばれました。この調査は世界最大のブランドコンサルティング会社であるインターブランド社が、グローバルな事業展開を行うブランドを対象に、「Best Global Brands」レポートとして毎年“世界で最もブランド価値の高い100のブランド”を発表しているもので、2000年から今年で19回目の発表となります。そのブランドが持つ価値を金額に換算してランク付けするもので、以下の3つの評価要素を基にしています。

<ブランド価値の3つの評価要素>
財務:企業がどれほど将来的に利益を生み出すか
ブランドの役割:利益のうち、ブランドがどれほど貢献しているか
ブランド強度:ブランドによる利益が、どれほど将来にわたる確実性があるか

又、グローバルに展開しているブランドと言う観点から、少なくとも北米・欧州・アジアの3つの主要地域で存在し、売上の30%以上は主要基盤地域以外からのものでなければならないという規定も定められています。トップ3はアップル(1位)、グーグル(2位)、amazon(3位)などアメリカのインターネット企業が独占し、日本のブランドではトヨタ(7位)、ホンダ(20位)、日産(40位)など自動車メーカーがランクインしています。『ジャック ダニエル』は84位で、世界で販売されている名だたるスピリッツの中でトップランクとなり、3年連続のランクインとなります。

日本では昨年に引き続き本年も6月30日(土)から9月30日(日)までの期間、全国17都道府県で『ジャック ダニエル』の世界観が楽しめるイベント「JACK DANIEL’S Experience 2018Japan」を展開し、若年層を中心にコミュニケーションを深めて参りました。今後もアサヒビール株式会社、ブラウン・フォーマン ビバレッジス ジャパンは、世界的に人気のある『ジャック ダニエル』を日本でも唯一無二のブランドとして確立するためにブランド価値向上と新規顧客の獲得を目指します。

<参考>
■Inter Brand 「Best global brands 2018 rankings」
https://www.interbrand.com/best-brands/best-global-brands/2018/ranking/

■Jack Daniel’s experience2018(本年度は終了)
http://japan.jackdaniels.com/jdx/index.php?trust=yes

関連記事はこちら

PAGE TOP