BAR TIMES

2018.04.16 Mon

[3位]サンルーカル・バーヘネシー X.O
カクテルコンペティション2017
竹内 洋行氏に聞く

BAR TIMES 編集部

2017年7月2日(日)ホテルニューオータニにて「ヘネシー X.O カクテルコンペティション 2017」が行われました。テーマは「ヘネシー X.O シグネチャーカクテル –思わず勧めたくなるカクテル創り-」。当日、ファイナルステージに立った20名の中から、見事に入賞を果たした7人の選手にBAR TIMESがインタビューしました。

他の入賞者のインタビュー記事はこちらから
Hennessy facebookページ https://www.facebook.com/Hennessy-


■コンペティションに挑戦したきっかけは何ですか。
とても高級なイメージの強かったヘネシー X.Oのカクテルコンペティションということで、第一回目となる昨年の大会には出ることができなかったのですが、周りの諸先輩方が参加されているのを見て、自分もチャレンジしてみようと奮い立って応募させていただきました。

■ヘネシー X.Oをベースにすることの難しさは何ですか。
カクテルにするということは、ベースのお酒を単品で飲んだときと同等以上に高めなければならないと思っています。ヘネシー X.Oは既に完成されていてそれだけで飲んでもとても美味しい。だから難しいですが挑戦しがいはありました。

■カクテルのコンセプトやこだわった点はどこですか。
お店が14時開店と早めなので、お昼間の時間帯から、夜食前、食後と幅広いシーンに対応することが求められていました。サイドカーのようなブランデーカクテルもありましたが、やはりやや強すぎると思ったので、よりフルーティーに愉しめるカクテルを、と思って考案しました。また、ヘネシー X.Oのもつ重厚感を表すために、すずりのお皿を使ってその世界観を表現してみました。

■カクテル開発でヒントとなったものはありますか。
ヘネシーの持つストーリー、歴史的背景や文化を調べていくうちに、このカクテルに辿り着きました。



◎カクテル名/eX-Charmant
◎レシピ/ヘネシー X.O[30ml]チェリーリキュール[10ml]ベリーシロップ[10ml]クランベリージュース[10ml]フレッシュライムジュース[10ml]
◎創作意図/〜皆様にワンランク上の一時を〜 ヘネシー X.Oが放つ重厚感と共に、時を問わず誰でもフルーティに楽しめるカクテルを創作しました。一日のどこかにふとした贅沢を皆様へ。



■どのようなお客様におすすめしたいですか。
比較的年配の方に飲んでいただくことが多いですが、30代の方にお勧めしてみると、ヘネシー X.Oというブランドはもちろんご存知なのですが、実際に飲まれたことがある方は少なくて。そういったお客様に改めて飲んでいただくと、その余韻の長さに感動されたりします。「ヘネシー X.Oってこんなに美味しいんだ!」って皆さん感激されます。
■ヘネシー X.Oの魅力を教えてください。
私の中で人との結びつきが強いお酒、というイメージがあります。ヘネシー X.Oをゆっくり味わいながら、語り合っていらっしゃるお客様のイメージが強いからかもしれません。

■最後にひと言メッセージをお願いします。
カクテルコンペに参加させていただいて本当によかったです。他のバーテンダーの方々とのつながりも深まりました。戦友であり、ライバルでもあるんですけど(笑)今回のコンペは自分の中では100点満点中、65点くらいでしょうか。まだまだ改善できるポイントはありましたし、また来年挑戦させていただけるなら、優勝を狙いたいと思っています!


竹内 洋行
サンルーカル・バー

バーテンダー歴5年目。以前はホテルに勤務していたが、よりバーテンダーとしての腕を磨くため現職へ。


他の入賞者のインタビュー記事はこちらから
Hennessy facebookページ https://www.facebook.com/Hennessy-

関連記事はこちら

PAGE TOP