BAR TIMES

2019.02.1 Fri

世界大会への出場をかけた、バーテンダーの祭典ワールドクラス 2019 日本大会 開催

キリンビール株式会社(社長 布施孝之)のグループ会社であるキリン・ディアジオ株式会社(社長 西海枝毅)は、日本のバーテンダーの方々を対象に、技術力のみならず、バーテンダー自身の創作性やホスピタリティ、情熱などを競い合う「ワールドクラス 2019 日本大会」を開催します。参加応募期間は、2月27日(水)から4月1日(月)までで、審査は「書類審査」後、5月中旬に「第2次審査」、7月上旬に「ジャパンファイナル」の3段階で実施予定です。

2019年で11年目を迎える、ディアジオplc(本社:英国ロンドン)主催の「ワールドクラス」は、“Raising the Bar”(世界中のカクテル文化とバーの価値を高める、そしてお酒の楽しさや素晴らしさをお客様に伝えていく)というコンセプトを持つ大会です。2018年は56の国と地域から約25,000名を超えるバーテンダーがしのぎを削る世界最大級の大会となりました。今年も世界各地で予選大会が開催され、9月にスコットランド・グラスゴーで開催される各国の優勝者のみが参加できる世界大会において、“ワールドクラス バーテンダーオブ ザ イヤー”を決定します。

また、本大会に先駆け、「ワールドクラス」の特別セミナーを全国各地で開催します。「ワールドクラス 2018 グローバルファイナル」の優勝者オーランド・マルツォ氏と同大会日本代表の新井加菜氏が優勝に至る過程と世界大会の実体験を参加者に伝えます。

「ワールドクラス 2019 日本大会」開催概要

 
名称 / 「ワールドクラス 2019 日本大会」WORLD CLASS 2019 JAPAN COMPETITION 主催 / キリン・ディアジオ株式会社 後援(順不同) / 一般財団法人カクテル文化振興会・一般社団法人日本バーテンダー協会・一般社団法人日本ホテルバーメンズ協会・NPO法人プロフェッショナル・バーテンダーズ機構 協力 / MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社 対象ブランド / 「タンカレー ナンバーテン」(ジン)、「シロック」(ウオッカ)、「ケテル ワン」(ウオッカ)、「ドン・フリオ」(テキーラ)、「ジョニーウォーカー ゴールドラベルリザーブ」(スコッチウイスキー)※変更、追加の可能性があります。 応募資格 / バー、ホテル、レストラン等に勤務するバーテンダー、またはそれに準じる方で、2019年1月1日(火)時点で20歳以上、日本国内在住の方。日本大会(第1~2次審査、ジャパンファイナル)から世界大会まで全てのプログラムに参加可能な方。※上記条件を満たした方は、国籍に関わらず応募可能です。※キリングループの従業員およびその関係者は応募できません。※日本大会、世界大会を通じ、英語(会話、読み書き等)は必須ではありません。

公式ホームページ
ワールドクラス公式サイト www.wcjapan.jp
公式Facebook http://www.facebook.com/WorldClassJapan/


大会の流れ


  • 第1次書類審査〈応募期間 2019年2月27日~2019年4月1日〉 ⇒上位 50名を選出(4月11日(木)発表予定)
  • 第2次審査〈2019年5月中旬開催予定〉 ⇒上位10名を選出(2019年5月下旬発表予定)
  • ジャパンファイナル〈2019年7月上旬開催予定〉 ⇒日本大会優勝者を決定
  • ワールドクラス 2019 世界大会〈2019年9月、グラスゴー(スコットランド)にて開催予定〉

ワールドクラス2019セミナー


ワールドクラス グローバルファイナル 2018 の優勝者オーランド・マルツォ氏と同大会の日本代表、新井加菜氏が優勝に至る過程と世界大会の実体験を直接お伝えします。
2月27日(水) 東京 ①13:00~14:30 ②15:00~16:30・各50名定員
2月28日(木) 東京 13:00~14:30・50名定員
3月1日(金) 大阪 ①13:00~14:30 ②15:00~16:3・各75名定員

セミナー応募フォーム
https://www.kirin.co.jp/products/spirits_liqueur/wcjapan/2019/


その他 / 大会参加費:無料
日本大会優勝者には「ワールドクラス 2019 世界大会」(2019年9月開催予定)への参加資格を授与。

関連記事はこちら

PAGE TOP