BAR TIMES

2019.01.15 Tue

国産ハーブ「クロモジ」の爽やかな森の香り養命酒製造からクラフトジン発売

養命酒製造株式会社

養命酒製造株式会社はクラフトジン「香の森」(かのもり)、「香の雫」(かのしずく)、および「CRAFT GIN COCKTAIL 2種のグレープフルーツとハーブのクラフトジンカクテル」を2019年3月1日(金)より全国にて発売。

◎ハーブとハーブのお酒へのこだわりが生んだ森の香りのクラフトジン。
香りを楽しむクラフトジンが、日本でも人気です。ジンは、ジュニパーベリーなどのボタニカルを用いて香りを引き出したハーブのお酒。当社では長年研究を重ねている国産ハーブで爽やかな森林の香りが特長の「クロモジ」をベースにジンを造りました。中央アルプスの麓、長野県駒ヶ根市の豊かな自然の中で長年にわたりハーブのお酒と向き合ってきた、当社ならではのクラフトジンをどうぞお楽しみください。

こだわりは3つ。
1.クロモジ:古来から日本に自生するクスノキ科の和製ハーブ。
2.ボタニカル:複数種を組み合わせ重層的な香味を引き立てます。
3.清冽な水:中央アルプスの花崗岩に磨かれた極軟水を採取。
これらの素材を用い、蒸留機を駆使して香り高いジンを造ります。

◎森の香りを様々なシーンで楽しめるラインナップ。
ラインナップは3種。クロモジの香りを活かしながら、様々なシーンでお楽しみいただけます。まずはロックやストレートで。さらに香りを楽しむアレンジをお試しください。

「香の森」(かのもり)
クロモジのジンの魅力を引き出すために、素材にも製法にもこだわったプレミアムなジン。クロモジと18種類のボタニカルを組み合わせて導く香りは言葉を失うほど。まさに静寂な深い森を思わせる、クロモジのジンの真骨頂ともいえる逸品です。

「香の雫」(かのしずく)
レモンピールなど11種類のボタニカルを組み合わせました。新緑の森のような爽やかな香りと、ほのかな甘みが余韻として残る心地よさが特長です。クラフトジン入門にも適した、ジンの美味しさを再認識できる一本です。

「CRAFT GIN COCKTAIL 2種のグレープフルーツとハーブのクラフトジンカクテル」
「香の雫」をベースに、さらにローズマリーなどのハーブを浸漬、果汁も加えて本格的なカクテルに仕上げました。ハーブの香りと、レッドとホワイト2種のグレープフルーツ果汁のほろ苦さと、ゆずの隠し味。Barクオリティの味わいです。


クロモジ、古くから愛される国産の香木。
クロモジは、日本の山地に自生するクスノキ科の和製ハーブ。リナロールを主成分とする香りがよく、お茶として飲まれるだけでなく、アロマオイルにも用いられます。気持ちをゆったり、すっきりさせてくれると人気です。

樹皮にある黒い斑点を文字に見立て、クロモジ(黒文字)という名前が付けられたといわれます。和菓子に添えられる高級楊枝を「クロモジ」と言いますが、この木を削ったものです。

千利休は茶室にクロモジの枝をあしらったと伝えられます。趣がよく垣根にも用いられ、特に桂離宮のものはとても美しい佇まいをみせています。大嘗祭にはクロモジの小柴垣に熱湯をかけて香りを立たせる儀式もあります。実は日本の文化に息づいてきた、魅力ある樹木の一つです。

詳しくは
https://www.yomeishu.co.jp/company/pdf/20190115-CRFTGIN.pdf

関連記事はこちら

PAGE TOP