BAR TIMES

2018.12.6 Thu

ベイクド オレンジ ファッションド / 松尾 一磨さん“焦がす”技法で甘い余韻を
遊び心を残したひとつの完成形

ウッドフォードリザーブ トップバーテンダークラフトカクテル

空前のアメリカンカクテルブームが到来。バータイムズでは人気カクテルに欠かせないウッドフォードリザーブをつかったクラシックカクテルのツイストを3人のトップバーテンダーに依頼。オリジナリティ豊かなクラフトカクテルが誕生しました。松尾一磨さん考案のオールドファッションドのツイスト〈ベイクド オレンジ ファッションド〉をご紹介します。


こだわりの焼き樽熟成をイメージ
焦がしオレンジを使った甘くほろ苦い一杯

 
ウッドフォードリザーブにはやわらかな甘さがあるので、砂糖を使用せずにこの甘い余韻を体感できるようなオールドファッションドが作れないかと考えました。そこでウッドフォードリザーブの特徴のひとつである“焼き樽熟成”のイメージから、まず“何かを焼いてみたらどうか”と思い浮かんだんです。フレッシュのオレンジやマシュマロなど様々な素材を試した中でも、焦がしたドライオレンジの香味はウッドフォードリザーブとまさに好相性でした。ドライオレンジは焼くことによってフレッシュさが戻りますし、さらにつぶすことでロースト感やカラメルの風味もしっかり出ます。でもどこかビターさが足りない。それでカラメルとビターズを組み合わせるなど、求める味わいを一つひとつ構築しながら完成させました。



松尾 一磨さん


LITTLE SMITH/銀座
一般社団法人 日本バーテンダー協会主催のカクテルコンペティション「第40回全国バーテンダー技能競技大会」にて総合優勝。

あえて“混ぜきらない”
様々な表情のオールドファッションドを

 
オールドファッションドをオーダーされる方の多くは、柑橘を潰しながら味わいの変化を楽しまれている印象があります。ですからこの「ベイクド オレンジ ファッションド」は、カクテルとしてひとつの完成形でありながらも、ガーニッシュのオレンジやレモンを潰して酸味を出したり、添えたシナモンスティックでスパイシーさをプラスしたりと、様々なアレンジをお楽しみいただく、そんな遊び心を残した点も一つの魅力だと思います。また、ビターズを最後に垂らすのは、あえて“混ぜきらない”カクテルに仕上げたかったからなんです。口に含む部分によってアルコールをしっかり感じたり、甘かったり、ビターだったり、一つのグラスの中でいろいろな味わいの変化を楽しんでいただけたらと思います。海外では根強い人気のあるオールドファッションドですが、日本ではまだまだ多くの方に浸透していないように思います。ですから、今回のレシピでは、火を掛けてアルコールを飛ばし、さらには時間の経過とともに氷が溶けることでマイルドな味わいになるよう意識しました。リッチで滑らかなコクをもつウッドフォードリザーブだからこそ、バーボンを飲んだことのない方でも楽しめるような、日本人の味覚に寄り添ったカクテルに仕上がっていると思います。私自身、お客様がカクテルを飲み終わったときに「もっと他にも飲んでみたい」と思っていただけることをモットーに努めているので、このカクテルも、作るまでの過程から提供された後のアレンジを楽しんでいただきつつ、お客様のカクテルの世界がより広がっていくお手伝いになればうれしいです。




Baked Orange Fashioned/
ベイクド オレンジ ファッションド


レシピ
ウッドフォードリザーブ 45ml
ドライオレンジ スライス/1枚
カットオレンジ、レモンスライス/各1枚
カラメルビター*/適量
シナモンスティック/1本
*カラメルとアンゴスチュラビターズを混ぜ合わせたもの


メソッド
銅製のマグカップにドライオレンジを入れ両面をバーナーでよく焼く。ウッドフォードリザーブを注ぎ火をつけ、カラメル化した部分が溶けだしたら火を消し、ペストルで潰す。液体のみ氷の入ったグラスに移し、カットオレンジ、レモンスライスを飾る。仕上げにシナモンスティックの先にカラメルビターを沿わせ、軽く混ぜる。




関連記事はこちら

PAGE TOP