BAR TIMES

2017.12.8 Fri

シングルモルト・スコッチウイスキー 「オクトモア 08.1 スコティッシュ・バーレイ」新発売

Rémy Cointreau Japan 株式会社

Rémy Cointreau Japan株式会社(レミー コアントロー ジャパン/東京都港区/代表取締役 宮﨑俊治)は、スコットランド アイラ島のシングルモルトウイスキアイラ・シングルモルト・スコッチウイスキー「オクトモア」の新エディション「オクトモア 08.1 スコティッシュ・バーレイ」を2018年1月15日 (月) より出荷いたします。オクトモアは、ゲール語で「偉大なる 8 番手」を意味する、世界で最もヘビリーピーテッドなシングルモルトウイスキーのシリーズです。

「もし仮に?」「ブルックラディのエレガントでフルーティーでフローラルな原酒と、最もヘビリー・ピートの麦が結びついた ら?」という、奇想天外にも見える発想から始まった「オクトモア」は、15年間革新を続け、その実験的な精神や力強い品質は常に注目を集めてきました。今や他とは一線を画し、底知れぬ奥深さを持つ、伝説ともいえるスピリッツとして信頼を得ています。

そのオクトモアの名が示す「8」シリーズの誕生です。オクトモアとは感覚に投げかける謎。シングルモルト・マスタークラスと呼べるこの「8」シリーズが、フェノールの世界の驚くべ繊細さを明らかにし、新たな世界へと導いてくれます。 なお、現行の現行「オクトモア 07.1 スコティッシュ・バーレイ」は、在庫がなくなり次第販売終了となります。

WE BELIEVE TERROIR MATTERS.
―私たちはテロワールが重要だと信じている。
ブルックラディ蒸留所は、ヘブリディーズ諸島、アイラ島の西海岸沿いにあり、1881 年に設立された当時のままの伝統的な蒸留設備と、革新的なウイスキーづくりが見事に融合した蒸留所です。ブルックラディのウイスキーには蒸留所の信念が語られています。それは、ウイスキーは信頼性を持つべきだ、という考えです。 どこで蒸留され、どこで熟成されたのか。テロワールはそれがつくられた土地や原材料の大麦や水について語り、人の魂が スピリッツに命を与えるのだと信じています。テロワールを重んじ、徹底して原産地を追及したブルックラディのウイスキーは、100%スコットランド産の大麦を原料につくられています。また、アイラ島大手の中では唯一全てのウイスキーをアイラ島内で熟成し、ノンチルフィルター、着色料 無添加でボトリングしています。

商品詳細
商品名 / オクトモア 08.1 スコティッシュ・バーレイ OCTOMORE 08.1 SCOTTISH BARLEY
アルコール度数 / 59.3 度
容量 / 700ml
ケース入数 / 6 本入
希望小売価格(本体) / 16,000 円

・ファーストフィルのアメリカンオーク樽100%で熟成
・バッファロートレース、ジムビーム、フォアローゼズ、ヘブンヒル、ジャックダニエルの樽を全期間使用した原酒をヴァッティング
・インヴァネスの半径約48kmで収穫されたスコットランド産大麦100%
・2007年に収穫した大麦を2008年に蒸留
・8年熟成
・フェノール値167ppm
・アルコール度数59.3%
・冬の太陽。クラシックな、永遠に続く心地よさ

<特徴>
洗練されて心地よく、あとわずかの熟成がこのボディの強さを和らげただろうが、すでにクラシックと言うべき落ち着きがあり 永遠に続くほどの安定性を完成させている。
<色>
冬の太陽、すっきりと澄みわたった明るさ。
<香り>
始めのうちは煙、タール、ピートの灰とかすかな泥や湿ったピートモス。砂糖漬けのオレンジ、胡椒、チョコレート、マカロン、 ヴァニラファッジとレモンメレンゲパイ。
<味わい>
まるで純金を液体にしたようだ。ゆっくりとした蒸留によるソフトでデリケートなテクスチャー。素晴らしいフルーツとスモークの コンビネーション。唇には波飛沫と新鮮な潮風がやわらかく触れる。オークでの熟成からはヴァニラ、ファッジ、マジパンと胡桃。 メロンとシトラスが華やかなそよ風に乗ってやってくる。層の厚いオクトモアならではの、たくさんの風味を感じられるだろう。
<フィニッシュ>
乾燥したピートの煙、ヨードとオークの甘さのコンビネーション。かすかなミントとセイヨウヤチヤナギが、全体を通して感じられる ピートの煙の長い余韻とともにゆっくりと続く。

関連記事はこちら

PAGE TOP