BAR TIMES

2016.09.6 Tue

アイラ島の職人たちがつくる真のアイラモルトブルックラディ(2)

第七回 バーでこそ飲みたいウイスキー BAR TIMES 編集部

bardekoso

こよなくバーを愛するバーファンのみなさまに、バータイムズ編集部がとっておきのウイスキーをご紹介する編集企画『バーでこそ飲みたいウイスキー』。ウイスキーは香りや味わいだけでなく、蒸溜所の風土や歴史、樽や仕込み水へのこだわり、スチルや蒸溜方法の個性、バッティングの技術など、様々なストーリーを知ることでより深く愉しむことができます。ぜひバーでこそ、そんなウイスキーの味わい深い世界をお愉しみください。

「バーでこそ飲みたいウイスキー」TOP


BRUICHLADDICH <ブルックラディ> PRODUCTS


ブルックラディ
クラシックなブルックラディのスタイルでつくられるノンピートのフローラルで複雑なウイスキー。スコットランド産の大麦を100% 使用し、ヴィクトリア朝時代からの装置によってゆっくりと蒸留されます。すべてのスピリッツは海岸沿いのロッホ・インダールの倉庫で熟成され、アイラ島の湧水を使用して、アイラ島でボトリングされます。ノン・チルフィルターで着色料無添加、これこそがアイラ島の職人がつくるナチュラルなウイスキーです。


ポートシャーロット
ブルックラディの蒸留器から生み出されるエレガントでフローラルなトップノートとピートの力強さの調和。40PPMものヘビリー・ピーテッドのシングルモルト ポートシャーロットは、1929年に操業を終えるまでピートを焚いていた偉大なるロッホインダール蒸留所と、そこで働いていた男たちへのオマージュなのです。



オクトモア
もし、人がつくり得る最もヘビリー・ピーテッドな大麦を、ブルックラディの背の高く首の細いスティルで蒸留したら?こんな発想から生まれたオクトモアは世界を嵐のごとく席巻しました。 ポートシャーロットの北に位置するジェームス・ブラウンの農園から名付けられた伝説的なウイスキーです。



0830800
ブルックラディ(1)

関連記事はこちら

PAGE TOP