fbpx

バーをこよなく愛すバーファンのための WEB マガジン

1999.12.21 Tue

ウイスキーづくりにおける5つの希少な職人技術(ファイブレアクラフト)MALTING FLOOR
フロアモルティング

THE BALVENIE DISTILLERY
バルヴェニーは、スコットランドでも数少ないフロアモルティングを採用している蒸溜所です。コンバルヒルから湧き出る水に大麦を浸した後、モルティングフロアにその大麦を広げます。ここで麦芽担当者(モルトマン)が手作業で大麦を攪拌し、発芽させてキルン(乾燥搭)に入れる準備を整えます。

OUR MALTMEN モルトマン

モルトマンとは、単なる大麦の攪拌役ではありません。ロビー・ゴームリー氏は、大麦を湧水に2〜3日浸麦した後、大麦を攪拌して適切な温度を維持し、均一に発芽させなければなりません。大麦が発芽したかどうか確認するために、ロビーは試行錯誤を重ねた結果、大麦で床に自分の名前を書くテクニックを用いています。


 

その他のファイブ レアクラフト(ウイスキーづくりにおける希少な職人技術)


関連記事はこちら

PAGE TOP