BAR TIMES

2017.01.12 Thu

ニッポン発のカクテルベーススピリッツWAPIRITS TUMUGI(1)

三和酒類株式会社

今回は、日本の伝統技法「麹造り」をベースに、厳選した国産ボタニカルを加えた、新しいのにどこか懐かしさを感じる”ニッポン発のカクテルベーススピリッツ「WAPIRITS TUMUGI」”をご紹介いたします。
原料はもちろんのこと、工程の一つひとつまで全てにこだわった「WAPIRITS TUMUGI」は、これからのカクテル界に新風をもたらすかもしれません。


ニッポン発のカクテルベーススピリッツ「WAPIRITS TUMUGI」。
それは、古くから続く「麹」を使った日本独自の酒造りを背景にして生まれました。
原料の持ち味を生かす伝統の「麹造り」、糖化と発酵を一度の工程で行う「並行複発酵」、豊かな香味を取り出す「単式蒸留法」。
この三つの技に、和の『天然ボタニカル素材』の要素を加えた、新しいニッポンのカクテルベーススピリッツです。

度数:40度
容量:700mL

酒の杜から
美しい自然の恵みをうけて

「世界農業遺産」に認定されている大分県宇佐市。
九州の小京都といわれる山紫水明の地、日田市。
そこでは、人と人、人と自然との関係を豊かにし、美しい自然の恵みをうけて、酒造りが行われています。


深いみどり
爽やかな風、深いみどり。酒造りに最適な環境を整えた酒の杜の中で、ゆっくりと丁寧に醸しています。

大麦
粒が大きくデンプン価の高い「二条大麦」を厳選して使用。表面を磨き上げることで澄んだ深い酒ができあがります。

水の恵み
地下300メートル、数重もの岩盤層を通り抜けた水脈から汲み上げられた、適度なミネラルを含む清冽な水を使用します。

熱い心、蔵人
「品質第一」を掲げ、一人一人が熱い気持ちと誇りをもちながら、麹と酵母とともに最高の酒造りに励みます。

麹と和食の文化

日本人の食生活に欠かせない、味噌・醤油・酢・日本酒・焼酎など日本古来の発酵食品は、麹の力なしにはできません。麹は原料のもつ旨みを引き出し、豊かな味わいを与えてくれます。
また、日本の麹は 「国菌」に指定されており、世界に誇る和食文化の基礎となっています。
日本人の大切なパートナー、それが麹です。

日本独自の酒造り技法から生み出すWAPIRITS TUMUGI。
良質な「二条大麦」を使い、手間暇かけて造った「大麦麹」を原料にしています。


蒸した大麦に麹菌を加え、大麦麹をつくります。種付けのあと、寝かせ、手入れなど、多くの工程を経て出麹へとつづく麹造りは、蔵人の経験やカンがものをいう、まさに職人技の世界です。


本格焼酎の仕込みは、一次と二次仕込みの二度に分けて行われます。
コポコポと泡を発し、香りを放つ仕込みタンクの中では、大麦のデンプンを麹が糖分に変え、その糖分を酵母がアルコールと炭酸ガスに変えていく、複雑な発酵(並行複発酵)が続いています。


原料の持ち味を活かす昔ながらの単式蒸留。蒸留回数は1回。かぐわしい香りを引き出す減圧蒸留法と、深い旨みを取り出す常圧蒸留法のふたつを使い、香りと旨みの両立をはかっています。


和のテイストを持った国産ボタニカル。産地を厳選し、そして旬の時期に集めたフレッシュなボタニカルを原料に、TUMUGIのボタニカルスピリッツは作られます。


柑橘類の果皮は、内皮を取り除き冷凍した状態で、ミントは生の物を入荷します。
丁寧に醸した原酒に、それぞれのボタニカルを浸漬し、再び低温での減圧蒸留法により、素材の風味を丁寧に抽出しました。


麹の豊かな味わいと華やかな香りを持つ焼酎原酒、低温で丁寧に抽出した5種類のボタニカル原酒。
伝統の技と厳選した素材を絶妙にブレンドし、ニッポンのカクテルベースとしての独自性と世界に発信するスタンダードとしての魅力を表現しました。



TUMUGIの愉しみ方、ラインナップのご紹介はこちら

関連記事はこちら

PAGE TOP