fbpx

バーをこよなく愛すバーファンのための WEB マガジン

2019.10.17 Thu

「成田 一徹 to the BAR 」in BAR TIMES 第十回
EAU DE VIE〈東京〉

Office Ittetsu & BAR TIMES

バーを愛した切り絵作家の故・成田一徹さんの著作権を管理されている「Office Ittetsu」と荒川英二氏(バーUK)のご協力のもと、成田さんが遺された作品の一部を「成田 一徹 to the BAR 」 in BAR TIMES としてご紹介させていただけることになりました。成田さんが切り描いたバーという世界の魅力に触れてください。


第十回 EAU DE VIE〈東京〉2003年

上京後、長く居を構えたのは戦前の下町が残る谷中。自宅の近くにあった酒場は、一徹にとってまさに”ネイバーフッド・バー(ご近所バー)”だった。仕事に疲れた時やアイデアに悩んだときは、この店のカウンターで一息ついて頭を休めた。いつも穏やかな笑みで迎えてくれた新田申幸マスターとは生涯、契りを交わし、付き合い続けた。
(神戸新聞総合出版センター「NARITA ITTETSU to the BAR」より転載)


 ネオンのジャングルも連日となると、さすがに辟易する。そんなとき、ジャングルの中にではなく、大海原に浮かぶ孤島にたった一軒ひそやかに開いているようなバーを夢想する。
 たとえば下町の路地の奥にある、看板も上がっていないしもた屋風のバー。深夜、人気の途絶えたビジネス街のビルの底で、一軒だけ煌々と輝く「BAR」のネオン。
 谷中は大都会・東京の中の孤島である。有名な墓地が広がるとはいえ、山の手線の内側にあるとは信じられないほどの静けさを保ち、東京のエアポケットそのものだ。
 そんな谷中に、一軒のいいバーがある。
 深夜、寝静まった古い東京の町に「EAU DE VIE」の看板だけが明るく輝いている。
 二分も歩けば、谷中霊園の黒い海。店を出て、酔いに火照ったからだを墓地の霊気にさらせば、ご先祖様たちのつぶやきが幻聴のように聞こえてくる、かもしれない。
(朝日新聞社「TO THE BAR 日本のBAR 74選」より抜粋)



月間「清流」より@上田佑勢

成田 一徹 (なりた いってつ)


1949年神戸生まれ。サラリーマン生活のかたわら切り絵に目覚め、88年に上京。切り絵作家として独立した。BARの空間をモチーフにしたモノクロームの切り絵をライフワークとしつつ、新聞、雑誌、書籍を中心に、街の風景や市井に暮らす人々、職人の仕事や生き様など多彩なテーマで作品を発表した。エッセイストとしても、軽妙で味わい深い文書にファンも多く、各地で個展、グループ展を多数開催した。講談社フェーマススクールズ・インストラクターも長くつとめた。2012年10月、脳出血で急逝。

著書に『to the Bar 日本のBAR 74選』 (朝日新聞社)『カウンターの中から』(クリエテ関西)『東京シルエット』(創森社)『The Cigger Story-葉巻をめぐる偉人伝-』 (集英社)『成田一徹の切り絵入門』 (誠文堂新光社)『あの店に会いに行く』(中央公論社)『神戸の残り香』 『新・神戸の残り香』(神戸新聞総合出版センター)『NARITA ITTETSU to the BAR』(神戸新聞総合出版センター)など多数。


◎Office Ittetsu オフィシャル Facebook はこちら
◎バーUK さんのホームページ内のこちらから、成田一徹さんの小作品原画や複製画の一部を購入することが出来ます。
◎「成田 一徹 to the BAR 」in BAR TIMES 他の作品はこちらから



切り絵作家 成田一徹さんの作品がバーカウンターに蘇る「成田一徹 バーマット」詳しくはこちら


関連記事はこちら

PAGE TOP