fbpx

バーをこよなく愛すバーファンのための WEB マガジン

2019.09.26 Thu

「成田 一徹 to the BAR 」in BAR TIMES 第九回
あんて〈東京〉

Office Ittetsu & BAR TIMES

バーを愛した切り絵作家の故・成田一徹さんの著作権を管理されている「Office Ittetsu」と荒川英二氏(バーUK)のご協力のもと、成田さんが遺された作品の一部を「成田 一徹 to the BAR 」 in BAR TIMES としてご紹介させていただけることになりました。成田さんが切り描いたバーという世界の魅力に触れてください。


第九回 あんて〈東京〉2004年

上京した一徹は、数年内にオープンした店よりも、老舗のバーを次々と訪ね歩いた。「会員制」と記された玄関のプレートに最初は躊躇したが、そこは一期一会、当たって砕けろの精神でドアを開け、店主を魅了していった。86年に切った絵もあったが、これはサンデー毎日での連載「to the Bar」での1枚。
※店は06年、半世紀営んだ銀座を離れ、広尾へ移転した。
(神戸新聞総合出版センター「NARITA ITTETSU to the BAR」より転載)


 前回訪ねたのは何年前だったか。五年か六年か。記憶を反芻しながら狭い階段を二階に上る。「会員制」(これは場違いな客の防止用)のプレートを横目にガラス格子の扉を開ける。
 こぢんまりとアットホーム。かつ上品なのは、古い銀座の酒場である証しだ。ラワン材のカウンター、革張りの肘掛けとスツールが温かい。店内のところどころに配した客からの頂き物。カウベル、ピッケル、客船の船具等々。それらは客と店との愛らしく上品な交流を物語る。
 最後の客が去って静かになった。客席に腰を下ろした八十四歳のマダム。カウンターにいる六十七歳と四十歳の父と子のバーテンダー。前回と変わらぬ配置でそこにいる。
 今年九月、「あんて」は五十歳を迎える。
(朝日新聞社「TO THE BAR 日本のBAR 74選」より抜粋)



月間「清流」より@上田佑勢

成田 一徹 (なりた いってつ)


1949年神戸生まれ。サラリーマン生活のかたわら切り絵に目覚め、88年に上京。切り絵作家として独立した。BARの空間をモチーフにしたモノクロームの切り絵をライフワークとしつつ、新聞、雑誌、書籍を中心に、街の風景や市井に暮らす人々、職人の仕事や生き様など多彩なテーマで作品を発表した。エッセイストとしても、軽妙で味わい深い文書にファンも多く、各地で個展、グループ展を多数開催した。講談社フェーマススクールズ・インストラクターも長くつとめた。2012年10月、脳出血で急逝。

著書に『to the Bar 日本のBAR 74選』 (朝日新聞社)『カウンターの中から』(クリエテ関西)『東京シルエット』(創森社)『The Cigger Story-葉巻をめぐる偉人伝-』 (集英社)『成田一徹の切り絵入門』 (誠文堂新光社)『あの店に会いに行く』(中央公論社)『神戸の残り香』 『新・神戸の残り香』(神戸新聞総合出版センター)『NARITA ITTETSU to the BAR』(神戸新聞総合出版センター)など多数。


◎Office Ittetsu オフィシャル Facebook はこちら
◎バーUK さんのホームページ内のこちらから、成田一徹さんの小作品原画や複製画の一部を購入することが出来ます。
◎「成田 一徹 to the BAR 」in BAR TIMES 他の作品はこちらから



切り絵作家 成田一徹さんの作品がバーカウンターに蘇る「成田一徹 バーマット」詳しくはこちら


関連記事はこちら

PAGE TOP