BAR TIMES

2019.05.14 Tue

「トークン・ビターズ カクテルコンテスト」ファイナリストによる創作カクテルDevelop

大塚由仁氏(Bar Private Pod/東京都世田谷区)

5月8日、他に類を見ないビターズにフォーカスを当てたカクテルコンペティション「トークン・ビターズ カクテルコンテスト」がカナダ大使館で行われました。カナダ、アルバータ州生まれのトークン・ビターズは、そのほとんどが地元で採れる天然素材を使った全4フレーバーのオーガニックビターズです。6人のファイナリストたちは、どのフレーバーを選びどう使うのか。自由な発想で創り出されるのトークン・ビターズのカクテルを詳しくご紹介いたします。
6人のカクテルはこちら

Develop(ディヴェロップ)

[レシピ]
・ トークン・ビターズ カルダー・チャイ/5dash
・ シングルモルト余市/20ml
・ コールドブリュークリアミルクパンチ※/20ml
・ メープルシロップ/20ml
・ 卵黄/1個分
・ ブラックペッパー/1振り
※牛乳をミルクセディメントディスク (牛乳ろ過版)でろ過し、ライムスライス、レモンスライス、ナツメグ、シナモンスティック、クローブ、和三盆糖を加え、冷蔵庫で一晩寝かせたもの。

[つくり方]
ブラックペッパー以外の材料をシェイクし、グラスに注ぐ。上からブラックペッパーを振りかける。


アルバータ州と北海道は姉妹都市であり、どちらも酪農が盛んなことから様々な国際交流が行われています。そこで、メープルシロップとニッカの余市、牛乳からつくった自家製ミルクパンチ、そしてもっとも気に入ったカルダー・チャイを合わせました。コンペを通じ、カナダと日本の交友関係をより発展できたらと願っています。


大塚由仁氏(Bar Private Pod/東京都世田谷区)



トークン・ビターズとは
オーガニック農園を営むキャム、エドモントンの人気バーの経営者ジェイミー、熟練バーテンダーのキーナンの3人が立ち上げた、カナダ アルバータ州エドモントンのローカルビターズメーカーです。地元で有機栽培された材料を使い、化学物質や保存料は一切使用せず1本1本手作りしています。 カナダでは栽培されないフルーツなどを除き、ほとんどはアルバータ州産の植物を原料として製造されています。


リッチー チェリー
容量 / 120ml アルコール / 42%
「リッチー・チェリー」は、数滴加えるだけでどんなカクテルにも「春」をもたらしてくれるビターズ。 トークン社のシグネチャー・ミックスである“ベース・ビターズ”に、チェリーのエッセンスをブレンド。ベース・ビターズの苦味成分とスパイスに、チェリーのバランスが絶妙で、味蕾(みらい)が喜ぶような味わい。

ホワイト ラベンダー
容量 / 120ml アルコール / 42%
トークン社創立者のうち一人は現役バーテンダーで、このラベンダーの香りを持つビターズをハイボールに数滴垂らすのがお気に入り。オレンジやグレープフルーツ系のカクテルとも非常に相性が良い。軽やかでフレッシュなラベンダーの味わいは、フローラルでありつつウッディな印象。まろやかではっきりとした味わいが特徴。

カルダー チャイ
容量 / 120ml アルコール / 42%
カルダー・チャイは飲み物にスパイスと温かみを加 えてくれるビターズ。カルダモンやアニス、バニラ、クローブのスパイスが含まれる。 ホットチョコレートやホワイト・ルシアンに一滴垂らすと、その芯がブレずに柔らかく 強調されて、暖炉の前にいるような気分に。
ストラスコナ オレンジ
容量 / 120ml アルコール / 42%
このビターズの独特な味わいは、オレンジの白い中果皮と外皮を使用することで生まれる。外皮からはシトラスの風味を、中果皮からは苦味を活かしている。そこにブラックペッパーのニュアンスを加えることで、オレンジの風味が一層引き立つ味わいに。



ビターズ サンプラー セット(15 ml × 4本)
トークン社の厳選したボタニカルを使った、人気アロマティック・ビターのうちの 4 本を15ml のボトルに詰めた愛らしいお試しセット。 カクテルのレシピ開発にもお手軽にご利用いただけます。
セット内容 / ストラスコナ オレンジ / ホワイト ラベンダー / リッチー チェリー / カルダー チャイ

 

BAR TIMES STORE 店頭でもご購入になれます。https://www.bar-times.com/ginza/

関連記事はこちら

PAGE TOP