BAR TIMES

2017.11.3 Fri

トップバーテンダーがつくる「ROKU SIGNATURE」 Vol.2ROKUならではの「桜」を生かした
香味が涌き上がる“日本のマティーニ”

THE JAPANESE CRAFT GIN ROKU × マティーニーズ 大和義智

四季が生んだ6種の日本のボタニカルでつくられたジャパニーズクラフトジン「ROKU」。桜花、桜葉、煎茶、玉露、山椒、柚子の素材を中心に、日本人の繊細な職人技で完璧なバランスを追求してつくられた特別なジンだ。
個性豊かな「ROKU」の特徴を、トップバーテンダーたちはどのように生かし、一杯のカクテルにつくりあげていくのか。7人のバーテンダーが考える「ROKU SIGNATURE」をシリーズで紹介していく。

トップバーテンダーがつくる「ROKU SIGNATURE」 TOP


日本の6つのボタニカルを中心につくられたジャパニーズクラフトジン ROKU。それぞれに特徴を持ったボタニカルだけに、どの素材に焦点を当て、それを引き出し、どうカクテルに生かすのか。そこにバーテンダーのクリエイティブな発想とテクニックが光る。福岡を代表するラグジュアリーホテルのひとつグランドハイアット福岡のバー「マティーニーズ」の大和義智氏がつくるROKUシグネチャーカクテルはこうだ。


6種のボタニカルが見事に調和。
ドライジンと一線を画すジャパニーズクラフトジン。

「甘味があって、繊細で、とてもバランスのとれたジンだと思います。6種のボタニカルの中でどれかが突出しているわけでもなく、すべてが見事に調和しています。特に桜葉、桜花のボタニカルはROKUにやわらかさをもたらしていると感じます。ドライジンとはまた違った良さがありますね。当店はホテルバーなので海外のお客様も多くいらっしゃいます。ジャパニーズクラフトジンの良さを知っていただくにはとても紹介のしやすいジンですね」。

桜葉、桜花が複雑味を醸し出す、
繊細でありながら厚みのある味わい。

「何と言っても桜葉、桜花を使用している点です。他にはない最大の特徴だと思います。そのふたつのボタニカルによって香りや味わいに良い意味での複雑味が醸し出されています。甘味があってやわらかでとても繊細なジンですが、山椒由来の辛み、煎茶や玉露由来の苦味がありそれが全体を引き締めている、そう感じます。ただ繊細なだけではなく、素材の味わいがぎゅっと凝縮され厚みがあります。47度というアルコール度数があるからなのでしょうね」。


「海外からのお客様が多い当店では、ジンの指定がない場合はROKUをおすすめします。桜の香味を伝えるのは難しいですが、日本人にもっとも馴染みの深いボタニカルを使った素晴らしいジャパニーズクラフトジンであること知っていただきたいですね」と大和氏。


香りと味わいを別々のアプローチで引き出す。
桜の特徴を重視した“日本のマティーニ”。

「ROKUの最大の特徴である桜を生かしたマティーニです。桜の香りはとても繊細です。その繊細な香りを引き出すために桜のリキュールでミキシンググラスと氷をリンスしROKUを上から回し入れるように注ぎ香りをまとわせます。そして桜餅を思わせるズブロッカを合わせ、しっかりと馴染ませることで下から涌き上がってくるような桜の味わいを強調しました。柑橘が際立ってしまうので仕上げのピールはしません。何よりも桜の香りと味わいを重視したマティーニです。

ジンにウオッカを合わせているので一見パンチがあるように思えますが、グラスを口に近づけた時鼻先に香る桜と舌に感じる奥深い桜の味わいはとてもスムース。きっと意外性を感じていただけると思います。また、グラスの縁にはROKUのボタニカルでもあるお茶の葉をイメージした月桂樹を飾っています。季節が春になればある程度塩味を落とした桜の塩漬けをグラスに浮かべても良いと思いますよ。日本のお客様はもちろんですが、特にマティーニのリクエストが多い海外のお客様に、香りや味わい、見た目において“日本のマティーニ”をご提案できればと思っています」。


◎大和氏によるロクシグネチャー「陽吹(はるかぜ)」のメイキング動画を下記にてご覧いただけます。


大和氏考案のロクシグネチャー「陽吹(はるかぜ)」。無色透明のカクテルは一見すると普通のマティーニと変わらないが、グラスに口を近づけた途端、桜の香りと味わいが涌き上がる。何よりも桜の香りと味わいを重視したカクテルだ。
「ROKUの味わいのバランスは素晴らしいと思います。そのバランスを崩さないようあまり多くの材料を足しすぎないシンプルなレシピを心がけました」と大和氏。



陽吹(はるかぜ)
■RECIPE■
◎ROKU/60ml
◎ズブロッカ/30ml
◎ヴェルモット/10ml
◎桜のリキュール/適量(リンス用)

■つくり方■
氷を入れたミキシンググラスに桜のリキュールを入れステアをしてリンスする。氷に当てながら回し入れるようにROKUを注ぎ桜の香りをまとわせ、ズブロッカ、ヴェルモットを入れ、ステアしてグラスに注ぐ。



大和氏のROKUシグネチャーカクテル「陽吹(はるかぜ)」の メイキング動画をBAR TIMES チャンネルでご覧ください。(撮影場所/マティーニーズ)


関連記事はこちら

PAGE TOP