BAR TIMES

2017.08.7 Mon

たまさぶろのBAR遊記禁酒法以来シカゴに生まれた
初のウイスキー蒸留所
「コーヴァル」を訪ねる

たまさぶろ 元CNN 、BAR評論家、エッセイスト

「コーヴァル」が鍵だった。これは大発見。最近のクラフト・ウイスキーのブームに載せられ、アメリカのマイクロ・ディスティラリーを巡り始めた。そこで気づいたのは、多くの蒸留所がドイツの「コーテ社」製の蒸留器を導入している点。


「コーテ社」のポットスティル
この点については、いささか不思議に思い時折、使用している蒸留所で質問してみたものの、これまで得られた回答は「うーん、これがウチの蒸留所に合っていると考えたからさ」と微妙に合点のいかないものだった。

シカゴの北部、閑静な住宅街に位置する「コーヴァル蒸留所」を訪ね、やっとその正しい解を得た。コーヴァルは、前回レポートをお届けしたシカゴ・カブスの本拠地「リグレー・フィールド」から、さらに2キロほど北に位置している。これまで取材を重ねて来たクラフト・ディスティラリーは、農場の一軒家あり、倉庫を改造した一室、自宅のガレージ、新築の蒸留所などなど多岐に渡るスタイルが見られたが、コーヴァルは古い造りのオフィスビルの一角とそのガレージを蒸溜所として活用していた。

こちらの蒸留所を切り盛りするのは、創業者でありマスター・ディステラーのロバート・バーネッカー氏、代表取締役ソナット・バーネッカー氏の夫妻。首都ワシントンDCで暮らしていた夫妻は2008年、首都に家を買って暮らすか、何か新しいことを始めるか…という選択肢について考え、それまでのキャリアを切り上げ、ソナット氏の出身地シカゴでウイスキーの蒸留所をスタートさせる人生を選んだ。ロバート氏は、オーストリア出身。実家は、蒸留所そしてワイナリーであった。

オーストリア出身のロバート氏、蒸留器を考慮するにあたり、いくつかのヨーロッパの蒸留器メーカーに当ってみたところ、隣国ドイツのコーテ社から「ウチの蒸留器は、まだアメリカに出したことがないんだ。使ってもらって、アメリカへのセールスを手伝ってもらえないか」と打診されたそうだ。「我々は新世代の、新しい蒸留所なので、ケンタッキーのように伝統的な製法を選ぶ必要がなかったんだ。だから、ユニークなすべて新しい(蒸留器の)セットを持ち込んだんだ」とロバート氏。

こうしてコーヴァルの特徴的なハイブリット・スティルが誕生した。伝統的な手法ポットスティルも残しつつ、高さ7メートル、各9層のコラムを持つ2本のコラムスティルを備えた、全工程を電子制御する最新の蒸留器が完成した。

ロバート氏は自身の蒸留所をスタートした後、アメリカで蒸留器導入のワークショップを開くことになり、この8年間で2500人、150社にその知識を広めて来た。つまり、コーテ社の蒸留器がアメリカのクラフト・ディスティラリーに広まっている今日の状況はロバート氏の功績である。ここ数年の疑問がやっと解けた。


コーテ社のコラムスティル


創業者でありマスター・ディステラーのロバート・バーネッカー氏
コーヴァルは、ちょっとしたウイスキー通ならすでにご存知の通り、すべて有機栽培のオーガニックの原料、酵母・酵素もオーガニックのものを使用している。樽造りでも、オーガニックの蜜蝋(ビーズワックス)を使用するなど、その徹底ぶりが伺える。また、電子制御による徹底した生産管理の恩恵から、安定したシングル・バレル・ウイスキーを生み出している。これにより、世界で初めてミレット(キビ)のウイスキーの生産にも成功。コーヴァルたるユニークさが際立つラインナップを次々と生み出している。

現在、日本で入手可能なコーヴァルの主力ウイスキーは4種。前述のミレット・ウイスキー、ライ・ウイスキー、バーボン、そしてフォーグレーンとなっている。そのどれもが、他の小規模蒸留所と比較し、群を抜く実力を備え、4種の甲乙はつけがたいところながら、個人的なお気に入りは、2012年インターナショナルウイスキーコンペティションで金賞を獲得したフォーグレインか。

フォーグレインは、大麦37.5%, えん麦(オート)37.5%、ライ麦12.5%、小麦12.5%を原料としたユニークな逸品。複雑な豊かな香りにスパイシーさ、そして#3のチャーを施した新樽によるスモーキーさも感じられる。元々は、原材料のショーケースとしてシーズナルにリリースしたんだそうだが、すっかりスタンダード化している。

また、コーヴァルのボトル・デザインの美しさは有名。こちらはソナット氏のデザインへの凝りようが具現化されたことによるという。

海外の蒸留所へ足を運ぶと、取材はもちろん英語で…というのが常識。しかし酒類業界各位がご存知の通り、こちらの蒸留所には小嶋冬子氏という日本人マーケティング担当が勤めており、シカゴでの取材はすべて日本語対応という珍しい体験をして来た。こちらで感謝の意を添えておく。

シカゴに足を運ぶ機会があれば、英語が苦手でもコーヴァルの解説をお願いできるので、中心地からちょっと足を伸ばしてはいかがか。


ボトリングもご覧の通り手作業で行われる


すべてオーガニックにこだわる


ブラウンブリックのオフィスビルが蒸留所

このガレージの奥に蒸留器が並んでいる


日本未発売ピーチ・ブランデーのボトル・デザインもご覧の通り美しい
なお、コーヴァルが「変わり者」を意味することはここかしこに記されているが、念のためこちらでも追記。

シカゴと言えば、1920年代の禁酒法時代、アル・カポネを始めとするマフィアの抗争で悪名を轟かせた街。ショーン・コネリー、ケヴィン・コスナーが出演した映画「アンタッチャブル」を思い出す方も多かろう。コーヴァルは、そんな時代以来、シカゴに生まれた初の蒸留所だ。1860年代、シカゴには8つの蒸留所があり、イリノイ州については、セント・ルイスとの中間地点にあるペオリアという街に73もの蒸留所があった。しかし、禁酒法時代を経ることで、ウイスキー産業はすっかり廃れてしまい、ウイスキーの中心はケンタッキー州に残された。

それだけに、地元シカゴの人々もコーヴァルについて深い思い入れがある。シカゴでの最後の夜、入手したボトルを機内持ち込みできない私は、ホテルのバーでコーヴァルのジンのボトルを差し出し、「これでカクテルを作ってくれ」とバーテンダーに依頼した。「残った分は、バーにおいていくからさ」。ボトルの半分ほどは飲んだろうか。「え? 本当にいいの?」と、歓喜したバーテンダーが、私に請求した金額は、わずか5ドルだった。コーヴァルが、地元シカゴでどれほど支持を得ているいるかのバロメーターだろう。

しかし、あまり日本で知名度が上がってしまうと、入手しにくくなってしまう。流行り過ぎても、困りものだ。


 

たまさぶろ
元CNN 、BAR評論家、エッセイスト
立教大学文学部英米文学科卒。週刊誌、音楽雑誌編集者などを経て渡米。ニューヨーク大学にてジャーナリズム、創作を学ぶ。CNN本社にてChief Director of Sportsとして勤務。帰国後、毎日新聞とマイクロソフトの協業ニュースサイト「MSN毎日インタラクティブ」をプロデュース。日本で初めて既存メディアとウェブメディアの融合を成功させる。これまでに訪れたバーは日本だけで1000軒超。2015年6月、女性バーテンダー讃歌・書籍『麗しきバーテンダーたち』上梓。米同時多発テロ事件以前のニューヨークを題材とした新作エッセイ『My Lost New York ~ BAR評論家がつづる九・一一前夜と現在』、好評発売中。
twitter
https://twitter.com/tamasaburau
facebook
https://www.facebook.com/tamasaburau1
official site たまさぶろの人生遊記
http://www.mag2.com/m/0001604971.html
『麗しきバーテンダーたち』のご購入はこちら

『My Lost New York』のご紹介はこちら

mylostnewyork記事内書籍『My Lost New York』


BarTimesMADO

関連記事はこちら

PAGE TOP