fbpx

バーをこよなく愛すバーファンのための WEB マガジン

2019.11.12 Tue

THE JAPANESE CRAFT COCKTAIL日本の伝統的ホテルバーの門出に
梅酒泡が香るヴェスパー・マティーニ

永光秀次氏 × ジャパニーズクラフトスピリッツ&リキュール

日本を訪れる外国人観光客が年々増加する中、ここ十年余り、日本のバーシーンも世界から高い注目を集めています。その理由として、バーテンダーの高い技術もさることながら、繊細で創造性豊かな日本のスピリッツやリキュールも大きな要因のひとつと言えます。本企画は、日本のスピリッツ&リキュールを使い「世界に誇るジャパニーズ クラフト カクテル」をテーマに、6人のバーテンダーにカクテルを創作いただきました。使用するのは、ROKU、HAKU、奏(柚子・抹茶・白桃)の中からROKUを含む2つ以上のスピリッツ&リキュール。どのようなジャパニーズ クラフト カクテルが誕生するのか、連載で詳しくご紹介していきます。



今回「ジャパニーズ クラフト カクテル」を創作いただいたのは、The Okura Tokyo「オーキッドバー」の永光秀次さんです。永光さんのつくるカクテルは、ROKU、HAKU、奏の柚子を使った日本版ヴェスパー・マティーニ。梅酒の香り、ROKUと奏で味わう和素材はどれも日本人には馴染み深く、まさに日本らしさを堪能できるクラフトカクテルでした。(撮影/The Okura Tokyo「オーキッドバー」)


新しく生まれ変わったホテルバーの門出に
梅酒が香る日本版ヴェスパー・マティーニ。

私どものホテルは、約4年の歳月を経てこの9月に新しく生まれ変わりました。さらなるご愛顧をより多くのお客様にいただけるよう、門出や新しい出発の意を込めたカクテル『Starting Over』(スターティングオーバー)を創作いたしました。原点は、映画007に出てくるヴェスパー・マティーニです。ジンとウオッカ、ベルモットをシェークし、らせん状のレモンピールをグラスに落とすのが映画でのレシピですが、その日本版としてROKUとHAKUを使い、レモンピールの代わりに奏の柚子を加えました。柚子の甘みが舌に長く留まり、日本ならではの柑橘をじっくり堪能いただけます。

もっとも特徴的なのは、最後にのせる梅酒のアイレ(泡)です。梅酒は古くからあるもっともポピュラーなジャパニーズリキュールのひとつで、しかもROKUのボタニカルにある桜の花よりも季節的に少し早く花を咲かせます。日本人にとって春の訪れを少しずつ実感できる馴染み深さが梅にはあるのではないでしょうか。梅酒をあえてアイレにすることで、最初は香りで日本らしさを感じ、口に含んだところでROKUと柚子の和の味わいを感じられるよう二段階の組立てにしました。飲み進めるうちにグラスを揺らし、アイレとカクテルを混ぜてお召し上がりいただいても、また違った味わいをお楽しみいただけると思います。



永光氏作『Starting Over』(スターティングオーバー)。梅酒の爽やかな香りの中にも、ヴェスパー・マティーニらしいグッと来る飲みごたえを感じる。食前酒にふさわしい一杯。

まろやかでシルキー。とことんクリアなHAKUで
酒精を強化し、カクテルに飲みごたえをプラス。

HAKUほどクリアなウオッカに出合ったことがありません。そもそもウオッカはクリアなスピリッツですが、それでもアルコール独特の匂いは残ります。でもHAKUにはそれがない。お米由来だからなのでしょうか。まろやかでシルキーな舌触りを感じます。当バーでは、カクテルにもう少し強さがほしい時など、HAKUを加え酒精を強化するといった使い方もしています。今回の『Starting Over』では、奏やベルモット、レモンジュースなどを入れるとどうしてもROKUの酒精が下がります。それをアップさせる意味でもHAKUの役割りはとても大きなものがありますね。

合わせる素材にストーリー性を持たせ
ROKUでなければならないカクテルづくりを。

ウイスキーをストレートで飲むように、ROKUはそのままでも本当においしく飲めるジンです。もちろんジンですから、副材料次第でどんなカクテルでもつくれますが、それならROKUじゃなくてもいい。おいしさを損なわないためには極力シンプルに、そしてHAKUや奏などをうまく組み合わせたストーリー性のあるカクテルであればROKUを使う意味があると思うんです。海外のお客様は、日本のスピリッツやリキュールのクオリティに高い期待を寄せている分、それを生かしたカクテルをご提供していかなくてはと思っています。


永光秀次(ながみつ・しゅうじ)
The Okura Tokyo メインバー「オーキッドバー」のシニアバーテンダー。長年「オーキッドバー」のカウンターに立ち、国内外のゲストにホテルバーらしいホスピタリティとサービスを提供する。カクテルづくりの美しい手さばきが印象的。




『Starting Over』(スターティングオーバー)


RECIPE
◎ROKU/40ml
◎HAKU/30ml
◎ベルモット/10ml
◎奏(柚子)/5ml
◎レモンジュース/10ml
◎オレンジとマンダリンのビターズ/2dash
◎梅酒のアイレ/適量

つくり方
氷を入れたシェーカーに梅酒のアイレ以外の材料を入れシェーク。グラスに注ぎ梅酒のアイレを浮かべる。






BAR TIMES メールマガジン登録
バーやカクテルの最新情報をメールマガジンでお届けします。メールアドレスを入力してお申込みください。
 

関連記事はこちら

PAGE TOP