BAR TIMES

NEW2019.10.1 Tue

THE JAPANESE CRAFT COCKTAIL米由来のやさしさ、まろやかさ
ROKU+HAKUのギムレットハイボール

早川惠一氏 × ジャパニーズクラフトスピリッツ&リキュール

日本を訪れる外国人観光客が年々増加する中、ここ十年余り、日本のバーシーンも世界から高い注目を集めています。その理由として、バーテンダーの高い技術もさることながら、繊細で創造性豊かな日本のスピリッツやリキュールも大きな要因のひとつと言えます。本企画は、日本のスピリッツ&リキュールを使い「世界に誇るジャパニーズ クラフト カクテル」をテーマに、6人のバーテンダーにカクテルを創作いただきました。使用するのは、ROKU、HAKU、奏(柚子・抹茶・白桃)の中からROKUを含む2つ以上のスピリッツ&リキュール。どのようなジャパニーズ クラフト カクテルが誕生するのか、連載で詳しくご紹介していきます。



「ジャパニーズ クラフト カクテル」の創作で、初回にご登場いただくのは、大阪・北新地にある「Bar Leigh」の早川惠一さんです。普段からROKUのハイボールを好んで飲むという早川さんに、ROKUをベースにHAKUを合わせたギムレットハイボールを創作いただきました。すっきりした味わいのギムレットハイボールには、ひと工夫加えたシロップ漬けのライムが添えられ、飽くことなくグラスを傾けられる一杯でした。(撮影/Bar Leigh)


ROKUに負けないようHAKUを冷やして強化。
唐辛子をかけたシロップ漬けライムもアクセントに。

僕は、ROKUのハイボールが好きなんです。理屈抜きにおいしいでしょ。氷を入れたグラスに常温のROKUをきっちり30ml計って、よく混ぜて、ソーダを注ぐ。抜ける香りがエステリーで、もうめちゃくちゃおいしいですよ。だからあんまりいろんなものを加えないで、これに近いカクテルは何ができるか考えたら、HAKUと合わせたギムレットハイボールならすっきり飲めるんじゃないかと思ったんです。HAKUには、米由来のやさしさとまろやかさがあるから、それを利用したらどうかと。ただ、アルコール度数はROKUの方が高いから、負けないようにHAKUをフリーザーで冷やして溶けにくいようにしています。あんまり量を入れるとROKUとの差がなくなっちゃうから、10mlくらい。ROKUを生かすために、たくさんは入れたくないんですよ。

ギムレットハイボールなのでシロップも入りますけど、ただのシュガーシロップだと例え5mlでも液体ばかりが伸びてしまうじゃないですか。だから、ライムと和三盆でつくった自家製のシロップの方が凝縮した味でカクテルがつくれるし、余計な水分が入っていないから、水っぽさを減らすことができるんです。漬込んだライムの実は、そのまま食べてもおいしいから、かじりながらギムレットハイボールを飲むと合いますよ。このライムにはね、上から唐辛子の粉を振りかけているんです。唐辛子もただの唐辛子ではなく、乾燥させた粒状のレモンの皮と実を混ぜているから酸っぱ辛い。この前食事に行った時、そこのシェフがアミューズを出してきて、いろんなフルーツにこの唐辛子をチョチョってかけてたんです。それがすごくおいしくて。これええなって思って真似してみました(笑)。



早川氏作『六白ギムレットハイボール』。ROKUハイボールのすっきり感はそのままに、HAKUの米由来の旨みや甘さをプラス。自家製ライムシロップに漬込んだライムには、レモンと唐辛子のパウダーが振りかけられ、酸っぱくてスパイシーな味わいのアクセントに。

開発者の長年の想いと歴史が詰まったROKU。
世界でも評価されるジンであることが嬉しい。

うんと昔に、「サントリー ドライジン プロフェッショナル」っていうジンがあったんです。普通のジンに比べたら値段が結構高くて、すぐに終売になってしまったけど、あれはすごいええジンやった。そういったいろんな時代の流れがあって、歴史的な背景も含めると、サントリーの酒造りについては僕も思い入れがあるんです。ROKUやHAKUを開発した鳥井和之さんとは、長く親しくさせてもらってますけど、昔からジンの話をしによくうちの店に来られてたんです。あんなんでもない、こんなんでもないってね(笑)。鳥井さんは、「サントリー ドライジン プロフェッショナル」の良さを生かした新しいジンをつくりたいって、他の商品開発をしながらもずっとジンのことを考えていたんです。何度も失敗の繰り返しでね。それで、ずっと溜め込んでいた想いをこのROKUで出して来た時に、さすがやなって思いました。クラフトなんて昔はない言葉でしたし、そこにまたジャパニーズテイストを入れるって、これまでにないことでしたらかね。何十年も鳥井さんの情熱を知っているし、大阪におけるサントリーの酒造りの歴史がぎゅっと詰まっているROKUが、今こうして世界に出て行って評価されている。大阪人にとってはこんな嬉しいことはないですね。


早川惠一(はやかわ・けいいち)
大阪・北新地「Bar Leigh」のオーナーバテンダー。多くのバーが軒を連ねる中、ゆっくり飲める大人の店として評判を得ている。一般社団法人 日本バーテンダー協会会長。




『六白ギムレットハイボール』


RECIPE
◎ROKU/30ml
◎HAKU/10ml
◎フレッシュライムジュース/7.5ml
◎ライムシロップ/7.5ml
◎炭酸/適量
◎唐辛子を振ったシロップ漬けライム/1つ

つくり方
シェーカーに炭酸とシロップ漬けライム以外の材料と氷を入れてシェーク。氷の入ったグラスに注ぎ、炭酸を入れ軽くステア。最後に唐辛子をかけたシロップ漬けのライムをのせる。



関連記事はこちら

PAGE TOP