fbpx

バーをこよなく愛すバーファンのための WEB マガジン

NEW2019.11.26 Tue

THE JAPANESE CRAFT COCKTAILとろみが果実感を深く、長く留める
白桃の香味に酔いしれる『桃酔』

岡田賢治氏 × ジャパニーズクラフトスピリッツ&リキュール

日本を訪れる外国人観光客が年々増加する中、ここ十年余り、日本のバーシーンも世界から高い注目を集めています。その理由として、バーテンダーの高い技術もさることながら、繊細で創造性豊かな日本のスピリッツやリキュールも大きな要因のひとつと言えます。本企画は、日本のスピリッツ&リキュールを使い「世界に誇るジャパニーズ クラフト カクテル」をテーマに、6人のバーテンダーにカクテルを創作いただきました。使用するのは、ROKU、HAKU、奏(柚子・抹茶・白桃)の中からROKUを含む2つ以上のスピリッツ&リキュール。どのようなジャパニーズ クラフト カクテルが誕生するのか、連載で詳しくご紹介していきます。



今回「ジャパニーズ クラフト カクテル」を創作いただいたのは、シェラトン都ホテル大阪「バー eu(ゆう)」の岡田賢治さんです。岡田さんのつくるカクテルは、とろみを持たせ、奏の白桃が持つ香りと味わいをじっくり堪能できるよう考え抜かれた一杯。ROKUの穀物由来の甘さと、白桃の甘さがバランスよく合わさった、薄桃色の美しいカクテルでした。(撮影/シェラトン都ホテル大阪「バー eu」)


白桃の味わいを長く舌に留めながら
香りが追いかけてくる、とろみを生かしたカクテル。

じんわりと心をお酒に寄り添わせながら、気持ちよく酔う “陶酔”という言葉が日本にはあります。これは、自然や時間、いろいろなものに感謝する心から生まれた、日本ならではの表現ではないかと想像し、ROKUをベースとしたカクテル『桃酔 ーとうすいー』を考えました。ROKUに合わせるのは、文字通り奏の白桃です。初めて奏の白桃を味わった時、今までのピーチリキュールとはまったく違うと瞬時に思い、驚きすら感じました。白桃の本当においしい部分だけを抽出したような贅沢さがあるんです。

それに、黄桃ではなく白桃であるところも、実に日本らしいですよね。少しでもこの味わいや香りを深く、長く感じていただくために、とろみのような食感を加えられないかと副材料にゼリー飲料を選びました。私自身、カクテルにゼリー飲料を使うことは初めての試みで、入れる量やシェークの強さなど何度も繰り返し試作をしました。その結果、味わいが舌に残りながら、香りが後から追いかけて来るような飲み心地をつくることができました。当バーをご利用になれられるすべてのお客様に、ゆっくりと流れる時間の中で、この『桃酔』を味わい、そして心を寄り添わせながら、まさしく陶酔していただけると嬉しいですね。



岡田氏作『桃酔 ーとうすいー』。シンプルなレシピながらも、奏の白桃の香りと味わいを生かすためにゼリー飲料を加えとろみを持たせたクリエイティブなカクテル。

“日本のリキュールはここまでできるんだ!”
素材の持つ味わいを大切につくられた奏に感動。

奏の白桃は、アルコール感は確かにあるのに、それを感じさせない本物の自然の味わいというか、日本のリキュールはここまで出来るんだという、あまりのクオリティの高さに感動したほどです。今回創作した『桃酔』では、100%白桃の甘みとジンの穀物由来の甘み、その双方のバランスも重視しました。ROKUでしか出せない和のボタニカルの華やかな香りが引き立てあい、まさに“奏で合う様”を意識しました。また、この奏には人工的ではない、素材本来の味わいをとても大切に、そして丁寧につくられていることが、カクテルを調合した時によくわかりますね。

ROKUは完成されたジャパニーズスピリッツ。
加水によって日本由来の素材が明確に感じられる。

ROKUはカクテルベースとしても使える幅の広さを持っていますが、そのものの味わいも楽しめる、完成形のジンだと感じています。私自身、ROKUはお気に入りのジンのひとつで、加水を少なめにしたハーフロックのスタイルで飲むのも好きですね。ほんの少しの水を加えることで、隠れていた桜や柚子、山椒など日本由来のボタニカルが明確に感じ取れますから。特に海外のお客様におすすめする際、言葉でご説明するよりもこうしてテイスティングしていただく方が、香りや味わいの特徴を分かっていただきやすくなると思います。


岡田賢治(おかだ・けんじ)
シェラトン都ホテル大阪「バー eu」のバーテンダー。「カクテルを考案する際は、お客様にお飲みいただくシチュエーションを想像することを心がけています」と、ホテルバーのバーテンダーらしいホスピタリティの持ち主。




『桃酔 ーとうすいー』


RECIPE
◎ROKU/30ml
◎奏(白桃)/30ml
◎クランベリードリンク/15ml
◎ゼリー飲料(グレープフルーツ)/15ml

つくり方
シェーカーにすべての材料と氷を入れてシェークし、グラスに注ぐ。




BAR TIMES メールマガジン登録
バーやカクテルの最新情報をメールマガジンでお届けします。メールアドレスを入力してお申込みください。
 

関連記事はこちら

PAGE TOP