BAR TIMES

2019.06.25 Tue

20種類以上のピスコが試飲できる貴重な機会ピスコ 試飲・販売会 開催のお知らせ

日本ピスコ協会

日本ピスコ協会主催によるピスコ試飲・販売会イベントをお知らせします。インポーター、卸業社(酒屋)を始めバーやレストラン、飲食業に携わる方限定のイベントです。
ピスコは流通網が確立しておらず、少数単位で購入できるブランドがまだ少ない現状の中、イベント当日は実際にご試飲のうえ、1本単位からご購入可能、継続した仕入れにつなげるお手伝いをさせて頂きます。
飲食業会の方々にピスコを知ってもらい、7月28日(日)『ピスコの日』までに東京近郊100店舗以上提供店を目標とし、バーやレストランといった現場を通じて消費者にピスコの美味しさと楽しさを知ってもらうことが、このイベントの最大の目的。また、試飲・販売会と並行してピスコの基礎セミナーやカクテルのテイスティングも開催予定です。
日本ではまだ馴染みの薄い蒸留酒ですが、世界ではじわじわとピスコブームが巻き起こっています。いち早くピスコを提供し、日本におけるバーシーンの新しい一コマを一緒に築きましょう!

★20種類以上のピスコが試飲できる貴重な機会
★どのブランドも1本から購入可能
★ピスコ協会理事による基礎セミナー
★色々な飲み方を体験できるカクテルブース


◎日時:2019年7月3日(水)11時〜16時
◎会場:東京都港区北青山3-3-13 共和5番館 3F
(ニホンドウ漢方ブティックが1Fにあります)
東京メトロ銀座線 千代田線、半蔵門線、表参道駅A3出口徒歩6分
東京メトロ銀座線 外苑前駅 1a出口徒歩5分

◎入場料:無料 (ご登録が必要です)
◎申込・受付:勤務先(業態)、氏名をご記載の上
e-mailをお送りください registration@japanpisco.jp

お問合せ:日本ピスコ協会 上記メールアドレス
お電話の場合 西村 080-7419-7411

◎主催:日本ピスコ協会  協力:ペルー大使館商務部
◎出店インポーター:4社 (ABC順)
キョウダイ・ジャパン / モストベルデトーキョー / 中山商店 / サラダコスモ

ピスコの基礎知識セミナー
ピスコの歴史、ブドウ品種やその特徴、製法などピスコの基礎を学びます。
○午前の部:11:30〜12:00 講師:日本ピスコ協会代表 仲村渠夏江
○午後の部:14:30〜15:00 講師:日本ピスコ協会理事 谷口大明
定員:各部20名
来場者どなたでもお気軽にご参加いただけます。定員になり次第受付を締め切らせて頂きます


ペルー産蒸留酒「ピスコ」のご紹介と普及のために
ペルーを代表する蒸留酒「ピスコ」ですが、日本ではまだ知られていないため、チリ産のピスコと区別なく扱われるなど、残念な状況にあります。当協会では、消費者だけでなく、日本のインポーター、レストラン、バーなどの外食産業の方々へ向けて、ペルー産ピスコの周知、正しい知識の普及をはかり、みなさまの力もお借りして、ピスコを通じた日本とペルー間の文化交流、相互理解を深めることを目標としています。

*ピスコ*
ペルーでは、「ピスコ」を製造するにあたり厳格な法律(原産地呼称)が制定されています。同じぶどうを原料とするグラッパとは異なり、その搾り滓ではなく果実全てから造られ、木樽で熟成させないため無色透明で深みと爽やかさを持ち合わせた蒸留酒です。(チリ産のピスコと呼ばれる蒸留酒は、ペルー産とはぶどう品種、製法も異なります)

*様々な楽しみ方*
ペルーでは、ピスコで作るカクテルが定番です。中でも最も国民的人気を誇るのが「ピスコサワー」。ピスコとライムジュース(ペルーではキーライムに似た柑橘)、シロップ、卵白を入れてシェイクするカクテルです。現在では、欧米各地の主要なバーやレストランでは、当然の様に「ピスコサワー」を出す店が増えています。また、「チルカノ」はピスコをジンジャーエールとライム果汁で割り、ビターズが数滴入ることで、非常にさっぱりと飲んで頂ける、ペルーでも人気のあるカクテルです。食後酒としてチューリップ型のリキュールグラスに注ぎストレートでゆっくりと飲むのもまた一つの楽しみ方。このように様々な飲み方を紹介しレストランやバーなどで提供して頂ける様、認知活動を進めています。

《お問合せ先》
日本ピスコ協会 広報 西村春子
haruko.nishimura@japanpisco.jp
代表 080-7419-7411
HP www.japanpiscoassociation.jp
Facebook www.facebook.com/japanpisco/

関連記事はこちら

PAGE TOP