BAR TIMES

NEW2019.05.31 Fri

「成田 一徹 to the BAR 」in BAR TIMES 第四回
AUGUSTA〈大阪〉

Office Ittetsu & BAR TIMES

バーを愛した切り絵作家の故・成田一徹さんの著作権を管理されている「Office Ittetsu」と荒川英二氏(バーUK)のご協力のもと、成田さんが遺された作品の一部を「成田 一徹 to the BAR 」 in BAR TIMES としてご紹介させていただけることになりました。成田さんが切り描いたバーという世界の魅力に触れてください。


第四回 AUGUSTA 〈大阪〉1993年

店主の品野清光さんとの付き合いは長く、90年代前半に知り合った。店は、93年に著した『一徹の酒場だより』以来、たびたび切り絵にした。現在は、「オーガスタ」とともに、隣でもう1軒店(「オーガスタ・ターロギー」)を構え、品野マスターはそちらでカウンターに立つ。内装材のすべてにウイスキーの樽材を使った店内は居心地がよく、一徹は「僕もここにいればさらに熟成するかな」とジョークを飛ばした。(神戸新聞総合出版センター「NARITA ITTETSU to the BAR」より転載)


 4年前にニューヨークに行ったとき、友人に連れられてグリニッジビレッジの場末にあるしがないバーに入ったことがある。たしか「ギャラクシーズ」という店名だった。
 ドアをノックした。扉に設けられた小窓から、ヒゲに埋もれた鋭い目が覗く。身元を確かめて招じ入れると、男は急いでドアを閉めてロックした。客たちの胡散臭げな視線が気味悪い。
 その店は数年前、何やらヤバい事件があって無くなったが、禁酒法時代に栄えたスピーク・イージー(もぐり酒場)の雰囲気はこんなだったろうかと、ぞくぞくしながらビールを飲んだのを覚えている。
 「オーガスタ」の扉に穿たれた菱形の覗き窓を見ていて、そんなことを想い出した。
 目の前では、マスターの品野清光さんがミント・ジュレップをつくっている。
 グラスの中でミントの葉をつぶし、クラッシュドアイスとバーボンウイスキーを注いでステアしたもの。アメリカ南部生まれの真夏にふさわしいカクテルだ。ひと口すすると、ミントの爽やかな香りが口に広がる。
 オーガスタ ー 八月。小窓から漏れる外の光は、まだ勢いを失っていない。(あまから手帖社「一徹の酒場だより」より抜粋)



月間「清流」より@上田佑勢

成田 一徹 (なりた いってつ)


1949年神戸生まれ。サラリーマン生活のかたわら切り絵に目覚め、88年に上京。切り絵作家として独立した。BARの空間をモチーフにしたモノクロームの切り絵をライフワークとしつつ、新聞、雑誌、書籍を中心に、街の風景や市井に暮らす人々、職人の仕事や生き様など多彩なテーマで作品を発表した。エッセイストとしても、軽妙で味わい深い文書にファンも多く、各地で個展、グループ展を多数開催した。講談社フェーマススクールズ・インストラクターも長くつとめた。2012年10月、脳出血で急逝。

著書に『to the Bar 日本のBAR 74選』 (朝日新聞社)『カウンターの中から』(クリエテ関西)『東京シルエット』(創森社)『The Cigger Story-葉巻をめぐる偉人伝-』 (集英社)『成田一徹の切り絵入門』 (誠文堂新光社)『あの店に会いに行く』(中央公論社)『神戸の残り香』 『新・神戸の残り香』(神戸新聞総合出版センター)『NARITA ITTETSU to the BAR』(神戸新聞総合出版センター)など多数。


◎Office Ittetsu オフィシャル Facebook はこちら
◎バーUK さんのホームページ内のこちらから、成田一徹さんの小作品原画や複製画の一部を購入することが出来ます。
◎「成田 一徹 to the BAR 」in BAR TIMES 他の作品はこちらから

関連記事はこちら

PAGE TOP