BAR TIMES

2019.03.20 Wed

【東京開催】バーテンダー限定テイスティングセミナーザ・グレンリベット
シングルカスク2019(#96411)

ザ・グレンリベット シングルカスク2019(#96411)【東京開催】バーテンダー限定テイスティングセミナー


限定品の「ザ・グレンリベット シングルカスク2019(#96411)」の発売を記念したプロフェッショナル向けのテイスティングセミナーが開催されます。本品は、日本限定シングルカスクの第4弾となるセカンドフィルのシェリーバットによる21年の長期熟成の逸品です。セミナー当日は、ザ・グレンリベット ブランドアンバサダーのトモス・ブルックス氏によるプレゼンテーションとテイスティングが予定されています。


BAR TIMES 枠で、35名様をご招待
今回、特別に BAR TIMES 枠として35名様をご招待します。

下記の入力フォームからエントリーしてください。
https://req.qubo.jp/matu5525/form/TGL

◎定員に達し次第エントリーを締め切ります。
◎バーテンダーの方に限ります。

イベント開催概要
開催日時 / 2019年4月2日(火)14時〜16時(13時30分受付開始)
会場 / ウェスティンホテル東京「コンパスローズ」
東京都目黒区三田1-4-1ウェスティンホテル東京22F
Tel / 03-5423-7283


ザ・グレンリベット シングルカスク2019 (#96411)について
2019年4月8日(月)から数量限定で発売。販売本数は1樽分の470本です。

1824年の創業以来、全てのシングルモルト・ウイスキーの原点として世界中で愛されている「ザ・グレンリベット」では、モルト愛飲家たちからの熱望にお応えするべく、世界の限られたマーケットのために“シングルカスク”を毎年発売しています。“シングルカスク”とは、一つの樽のみから瓶詰めした希少価値の高いウイスキーです。このたび発売する『ザ・グレンリベット シングルカスク2019 (#96411)』は、日本限定シングルカスクの第4弾。今年は、熟成年数が日本限定シングルカスクの中で長期熟成となる21年で、セカンドフィルのシェリー樽で熟成した芳醇な香りと味わいが特徴です。日本のモルトファンのために特別な1樽を選び出し、カスクストレングス(加水調整せず、樽からそのまま瓶詰め)でボトリング。低温濾過しないノン・チルフィルタード製法で、本来のフレーバーを生かした豊かな味わいに仕上げています。洋梨やブラックベリーと、フローラルな(花のような)アロマが上品に絡み合い、はちみつや微かなジンジャーのスパイス香が感じられ、複雑味のある芳醇な甘さと共に、驚くほどにフルーティーな余韻が続きます。ぜひ、日本のために特別に樽熟成された『ザ・グレンリベット シングルカスク2019 (#96411)』の希少な味わいをお楽しみください。


商品名 / ザ・グレンリベット シングルカスク2019 (#96411)
発売時期 / 2019年4月8日(月)から出荷開始
販売数量 / 日本限定470本(1樽分)※商品がなくなり次第、販売終了。
参考小売価格 / 43,000円(税別)
容量 / 700ml
アルコール度数 / 55.4度(カスクストレングス)
熟成 / セカンドフィルのシェリー樽で21年以上熟成した特別な一樽。
製法 / 19世紀に楽しまれていたウイスキーのスタイルに忠実にあり続けようと伝統的な製法にこだわり、 敢えて冷却濾過をしないノン・チルフィルタード製法を用い、カスクストレングス(加水調整せず、樽からそのまま瓶詰め)でボトリング。なめらかな口当たりと、本来のフレーバーを余すところなく そのまま生かした、豊かな味わいに仕上げています。

◎テイスティングノート
香り / 熟した洋梨やブラックベリーと、フローラルなアロマが上品に絡み合い、ハチミツの香りとその中 に微かなジンジャーのスパイスを感じます。
味わい / 芳醇なバターショートブレッドの後に続く、やわらかなハチミツにからめた桃やアーモンドのような味わいと、ナツメグのスパイスや、微かに焦がしたオークからくる味わいが絶妙な味わいのバランスを生み出します。
フィニッシュ / 甘く、驚くほどにフルーティーな余韻。

関連記事はこちら

PAGE TOP