BAR TIMES

2018.11.5 Mon

サントリー カクテルコンペティション 歴代受賞者がつくるオリジナルカクテルSixth✡Sence

カクテルアワード2016 松下知寛さん考案

9月27日(木)グランドハイアット東京で開催された「2018 サントリー ザ・カクテルアワード」のファイナルの会場に歴代受賞者のうち14人が集結し、オリジナルカクテルを振舞いました。トップバーテンダーである歴代受賞者が自由な発想で創作したオリジナルカクテルを詳しくご紹介します。


Sixth✡Sence(シックス・センス)

レシピ
ジャパニーズクラフトジン ROKU(六):30ml
パイナップルジュース:20ml
自家製ローズシロップ:10ml
プルコ レモン:10ml
自家製セロリビターズ(1dash):1ml
ピンクペッパー:適量

つくり方
すべての材料をシェークし、カクテルグラスに注ぐ。ピンクペッパーを振りかける。


心を動かす、複雑で繊細な味わい
第六感を意味する『Sixth✡Sence』。理屈では説明しがたい、鋭くものごとの本質をつかむ心の働きのことを言います。その言葉通り、頭で考えず、素直に感じたままカクテルを楽しんでいただきたいとの思いから創作いたしました。ROKUジンの香り高さとパイナップルのフルーツ感で構成し、ローズシロップの香りと甘味が、セロリビターズやピンクペッパーの苦味と調和したバランスの良い味わいです。ROKUジンならではの奥深さと、甘さと苦みの両方を楽しめる複雑で繊細な味わいを、第六感で楽しんでいただければと思います。


カクテル考案者/松下 知寛(まつした ともひろ)
ダイニング&バー ダナドゥア/岡山県
カクテルアワード2016

歴代受賞者のオリジナルカクテルはこちらから

関連記事はこちら

PAGE TOP