BAR TIMES

2018.05.11 Fri

『グレンドロナック』『ベンリアック』『グレングラッサ』スコッチシングルモルト
ウイスキー3ブランド
合計8アイテム新発売

アサヒビール株式会社

アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、ブラウン・フォーマン社が製造するスコッチシングルモルトウイスキー『グレンドロナック』『ベンリアック』『グレングラッサ』3ブランド合計8アイテムを2018年6月19日(火)から全国で新発売します。

近年、ウイスキー需要の高まりにより、日本国内におけるウイスキー市場は国産・輸入共に拡大しています。国内市場のうち輸入ウイスキーは約2割で、輸入ウイスキーの中ではスコッチウイスキーが約5割を占めています。国内のスコッチウイスキー市場は2016年で約167万箱、2012年比で約1.5倍の規模に拡大しており、スコッチウイスキーの中でもシングルモルトタイプはその希少さからも年々需要が高まっています。(出典:IWSR2016)
アサヒビール㈱では拡大を続けるウイスキー市場において、プレミアムタイプのスコッチシングルモルトウイスキーをラインアップに加え、ポートフォリオを拡充することで、ウイスキー需要に対応するとともに、様々なタイプのウイスキーの魅力を提案します。
 


 
■『グレンドロナック』
グレンドロナック蒸溜所は、1826年に創業、スコットランドで最も歴史ある蒸溜所の1つで、東ハイランド奥深くのフォーグの渓谷に位置しています。シェリー樽熟成のエキスパートとして知られており、その伝統は創業以来引き継がれています。ヘビータイプで力強いタイプの原酒がつくられており、シェリー樽の中で長期熟成するのにベストなウイスキーとなっています。厳選されたシェリー樽による、甘く果実味のある風味とドライでナッツのような香りによる芳醇なフレーバーが高く評価されています。

■『ベンリアック』
ベンリアック蒸溜所は1898年に創業、スペイサイドの中心に位置しています。スコッチの蒸溜所にはめずらしく、古くから、ノンピートタイプとヘビーピートタイプの2つのタイプのシングルモルトウイスキーを製造してきたユニークな蒸溜所として知られています。また現在では希少となっている伝統的な製麦工程(フロアモルティング)を自社内で行っていることや、熟成と仕上げに様々な樽を使用する革新的な製造方法で高い評価を受けています。

■『グレングラッサ』<飲食店限定>
グレングラッサ蒸溜所は1875年に創業、サンデント湾の沿岸近くに位置しています。ハイランドとスペイサイドの境界をまたぐ唯一の蒸溜所であることから、その風味は海・ハイランド・スペイサイドの3つの環境の影響を受けていると言われています。クラフトマンシップを貫き、小規模少量生産に拘り続けています。1986年に生産がストップし再開は絶望的とされていましたが、2008年に復活を遂げたことで一躍有名になりました。


グレンドロナック12年
グレンドロナック18年


グレンドロナック21年
ベンリアック10年

ベンリアックキュオリアシタス
グレングラッサ リバイバル

グレングラッサエボリューション
グレングラッサ トルファ


 


 

関連記事はこちら

PAGE TOP