BAR TIMES

2018.03.6 Tue

シングルモルト・スコッチウイスキー 「オクトモア 08.4 ヴァージンオーク」数量限定新発売

Rémy Cointreau Japan 株式会社

Rémy Cointreau Japan株式会社(レミー コアントロー ジャパン/東京都港区/代表取締役 宮﨑俊治)は、 スコットランド アイラ島に位置するブルックラディ蒸留所のシングルモルトウイスキー 「オクトモア」の新エディション 「オクトモア 08.4 ヴァージンオーク」を2018年4月23日(月)より数量限定にて発売開始いたします。

スーパーへビリー・ピーテッドウイスキーとして、世界中のウイスキー愛好家に支持されているオクトモア。その世界最強のピート香とブルックラディ蒸留所の特徴である繊細さを保ったまま、いかに新樽の素晴らしさと力強さを調和させるかという挑戦。ヘッド・ディスティラー アダム・ハネットが考え出したのは、複雑な樽管理とヴァッティングの方法でした。
原酒の20%を全期間ヴァージンオーク樽(新樽)で熟成し、80%はファーストフィル・バーボン樽での熟成後、 前作「07.4」に使用したヨーロピアン・ヴァージンオーク樽で後熟。「8」の数字を鍵とする本作らしく、8年間熟成の後、ヴァッティングしています。

オクトモアは、ゲール語で「偉大なる8番手」を意味する、世界で最もヘビリーピーテッドなシングルモルトウイスキーのシリーズです。本年1月にスコットランド産大麦100%の「オクトモア08.1 スコティッシュ・バーレイ」が「8」を冠する記念すべき「08」シリーズ第1弾として登場し、第2弾としてアイラ島産大麦100%の「オクトモア08.3 アイラ・バーレイ」が3月16日に発売。この「オクトモア 08.4 ヴァージンオーク」で記念すべき「08」シリーズの完成となります。
 


 
WE BELIEVE TERROIR MATTERS. ―私たちはテロワールが重要だと信じている。
ブルックラディ蒸留所は、ヘブリディーズ諸島、アイラ島の西海岸沿いにあり、1881年に設立された当時のままの伝統的な蒸留設備と、革新的なウイスキーづくりが見事に融合した蒸留所です。
ブルックラディのウイスキーには蒸留所の信念が語られています。それは、ウイスキーは信頼性を持つべきだ、という考えです。どこで蒸留 され、どこで熟成されたのか。テロワールはそれがつくられた土地や原材料の大麦や水について語り、人の魂がスピリッツに命を与えるのだと信じています。
テロワールを重んじ、徹底して原産地を追及したブルックラディのウイスキーは、100%スコットランド産の大麦を原料に つくられています。また、アイラ島大手の中では唯一全てのウイスキーをアイラ島内で熟成し、ノンチルフィルター、着色料 無添加でボトリングしています。
 


 


■ 商品詳細
商品名 オクトモア 08.4 ヴァージンオーク OCTOMORE 08.4 VIRGIN OAK
アルコール度数/容量 58.7度/700ml
希望小売価格(税別) 20,000円

【蒸留】
・ 2008年収穫、2009年蒸留
・フェノール値170 PPM
・ アルコール度数58.7%
・ ノン・チルフィルター、着色料無添加
・ 秋の紅葉/ クローヴ、アニスシード、挽きたてのコーヒー

【熟成】
・ 全期間ミディアムトーストのフランス「トヌルリ・ラドー」社製ヴァージンオーク樽で熟成した原酒20%
・ アメリカンオーク樽での熟成後、「07.4」の熟成に使われたヴァージンオーク樽で後熟した原酒80%
・アイラ島で8年熟成
・全世界で12,000本限定


<特徴>
オクトモアとヴァージンオーク、2つの強大なパワーが再び融合。ウイスキーづくりの基本的な工程を重視するという方針に おいて、我々には限りない可能性があることを証明している。

<色>
秋の紅葉。

<香り>
かすかなスモーク、しかし穏やかであたたかい。甘い蜂蜜のようなモルティさとバナナブレッドを伴うオークのアロマ。フェノールの強い泥が、胡椒や花のような香りの側面を持って再び現れる。時間が経つと、樽由来のキャラメルポップコーン、バニラ ファッジ、ココナッツ、シナモンがより一層表われ、スモーキーさは徐々に消え、かすかに残るのみ。

<味わい>
蜂蜜のようなリッチな舌触りで、甘みのある芳醇なオークのフレーバーをゆっくりと積み上げる。皮とトーストした木が、繊細なスモーキーさと溶け合う。賞賛に値するほどのスモーキーさがあればこそ成り立つ、オークのバランスの良さがある。プラリネ、 ココナッツ、クローヴはバーベキューや焦げたヒース、ヨードと絶妙にマッチしている。煙とオークの中に隠れたスピリッツそのものには、レモンと波飛沫の刺激があり、一度加水するとかすかなミントと甘く煮たリンゴも開いてくる。

<フィニッシュ>
クローヴ、アニスシード、コーヒーの粉が、ピートの煙へと霞んでゆく。いつも心に余韻を永く残す、典型的でクラシックな オクトモアのフィニッシュ。
 


 

関連記事はこちら

PAGE TOP