BAR TIMES

2018.01.9 Tue

アイルランド最大の祝祭日を祝う限定ボトル2018年版 ジェムソン セント・パトリックス・デー リミテッド 2018 新発売

ペルノ・リカール・ジャパン株式会社

ペルノ・リカール・ジャパン株式会社が展開するアイリッシュ・ウイ スキー「JAMESON(ジェムソン)」では、アイルランド最大の祝祭日「セント・パトリックス・デー」を祝う限定デザインボトル 『ジェムソン セント・パトリックス・デー リミテッド 2018』を2018年1月22日(月)から新発売します。(同日から出荷開始。 商品がなくなり次第、販売終了。)

アイルランドにキリスト教を広めた聖人、セント・パトリックの命日3月17日が 「セント・パトリックス・デー」です。アイルランドではクリスマスよりも盛り上が る最大の祝祭日で、首都ダブリンでは盛大なパレードが繰り広げられ、日本 を含む世界中でもパレードが行われます。『ジェムソン セント・パトリックス・ デー リミテッド』は、このお祭りを祝い、シーズン限定で登場するデザインボト ルです。2012年から毎年発売し、デザインはアイルランドに縁のある著名な アーティストが手掛けています。

これまでは1人のアーティストによるデザインでしたが、シリーズ第7弾となる 2018年版はフレンドシップを表現し、初の試みとして3人のアイルランド人 アーティストによる共同プロジェクトで誕生しました。イラストレーターのクロ ディーヌ・オサリヴァン(Claudine O’Sullivan)をリーダーに、彼女の親しい友 人であるフォトグラファーのレオン・ウォード(Leonn Ward)とデザイナーのア レックス・メロン(Alex Mellon)が参加。ケルト神話に登場するフィアナ騎士団 のストーリーからインスピレーションを得て、仲間との固い結束と調和をもって 困難な戦いに立ち向かう勇敢な彼らのスピリットを、イラストや写真を組み合 わせて現代的に描いています。

3回蒸溜によって造られる「JAMESON」の豊かな香味とスムースな味わいは、No.1アイリッシュ・ウイスキーとして世界 中で愛されています。ぜひ、この特別な限定ボトルで「セント・パトリックス・デー」を祝い、親しい仲間と楽しく盛り上がり ましょう!

ジェムソン セント・パトリックス・デー リミテッド 2018 商品概要
・商品名 / ジェムソン セント・パトリックス・デー リミテッド 2018
・発売日 / 2018年1月22日(月)から出荷開始、数量限定発売。(商品がなくなり次第、販売終了。)
・価格 / 希望小売価格2,071円(税別)
・容量/ 700ml
・度数 /40度

デザインの特徴
・ブランド初の試みとして、3人のアイルランド人アーティストによる共同プロジェクトで誕生。 親しい友人3人のコラボレーションという手法をとることで、フレンドシップを表現しています。
・ケルト神話に登場するフィアナ騎士団のストーリーからインスピレーションを得て、仲間と の固い結束と調和をもって困難な戦いに立ち向かう勇敢な彼らのスピリットを、イラストや 写真を組み合わせて現代的に描いています。フィアナ騎士団のスピリットは、当時から現 代まで、ダブリンで受け継がれています。

テイスティングノート
3回蒸溜によって造られる豊かな香味とスムースな味わい。
香り / 香ばしい、まろやかな香り。微かなシェリー香も感じられる。
味わい / ナッツや、ウッディな風味を伴う、スムースな味わい。
フィニッシュ / 非常にスムース。

「セント・パトリックス・デー」について
5世紀頃、アイルランドにキリスト教をもたらした宣教者がセント・パトリック。その熱心な布教活動により、 アイルランドは敬虔なカトリックの国となり、現在もアイルランドの守護神として親しまれています。アイル ランドでは、彼の命日である3月17日を「セント・パトリックス・デー」とし、最大の祝祭日として国を挙げて 祝います。

JAMESON(ジェムソン)について
18世紀のアイルランドはウイスキー発祥の地として知られ、ダブリンのウイスキーは 世界最高と見なされていました。スコットランド人のジョン・ジェムソンがアイルランドへ 渡り、偉大なアイルランドの伝統を受け継いで、「JAMESON」を完成させました。ピー トを使わず密閉炉でじっくりと乾燥させた大麦を原料とし、3回蒸留によって造られる 「JAMESON」の豊かな香味とスムースな味わいは、No.1アイリッシュウイスキーとし て世界中で愛されています。

日本では、フラッグシップの「ジェムソン スタンダード」と「ジェムソン ブラック・バレル」、 そして2017年9月から新登場の「ジェムソン カスクメイツ」が加わり、全3アイテムを展 開しています。

関連記事はこちら

PAGE TOP