BAR TIMES

2017.10.24 Tue

サントリー カクテルコンペティション 歴代受賞者がつくる
ROKUオリジナルカクテル
Alternative “ROKKU”

小林 貴史 氏考案

10月5日(木)ホテルニューオータニで開催された「2017 サントリー ザ・カクテルアワード」ファイナルの会場に歴代受賞者のうち12人が集結。ジャパニーズクラフトジン ROKU(六)をベースにしたオリジナルカクテルを振舞いました。トップバーテンダーである歴代受賞者が自由な発想で創作したジャパニーズクラフトジン ROKU(六)オリジナルカクテルを詳しくご紹介します。

12人のカクテルはこちら


 
 
Alternative “ROKKU”
オルタナティブ “ロック”

[レシピ]
ジャパニーズクラフトジン ROKU(六):30ml
サントリー澄みわたる柚子酒:20ml
自家製愛知県豊田市産かぶせ茶シロップ:10ml
自家製愛知県西尾市産抹茶ビターズ:1tsp
粉末クエン酸パウダー:1/3tsp

[つくり方]
①シェークして、柚子オイルパウダーとレモン(またはライム)でスノースタイルにしたカクテル・グラスに注ぐ。
②ミントの葉を浮かべる。


柚子と緑茶の香り、抹茶ビターズの苦味、ROKUのボリューム感。マティーニを意識し、オリーブの代わりに柚子オイルパウダーをスノースタイルにしました。


カクテル考案者
小林 貴史(こばやし たかふみ)/BAR MON
カクテルアワード2010

ジャパニーズクラフトジン「ROKU」


商品名の由来にもなっている日本ならではの6種のボタニカル(桜花、桜葉、煎茶、玉露、山椒、柚子)を、それぞれ旬の時期に収穫、素材の特長に合わせた製法で蒸溜することで、桜の香りや爽やかな柚子とお茶の風味、後味に感じる山椒のスパイシーさなどを引き出しています。日本人の繊細な技術によってバランス良くブレンドすることで、複層的で繊細かつスムースな味わいを実現しました。

関連記事はこちら

PAGE TOP