BAR TIMES

2015.12.13 Sun

麗しきバーテンダーたちオークラアクトシティホテル浜松
宮田裕子さん、井口有香さん

たまさぶろ 元CNN 、BAR評論家、エッセイスト

あのひとの手から紡ぎ出される至善のカクテルを、今宵も。疲れた夜、打ちひしがれた日、何かいい事があった時、分厚い扉を開けてバーへ足を踏み入れる。彼女たちはどんな時も変わらぬ美しい笑顔で迎え、それぞれの思いを込めた一杯をこちらへ滑らせてくれる。一口ふくむ、何も言う事は無い――。

幅約70センチのカウンターを隔てて、夜ごと客と向き合う女性バーテンダーたちの半生から、酒に寄り添う思い、職業観、目標まで、本音を引き出し紹介。北海道から九州までのバーでシェイカーを振る女性を紹介する。これは、単なるガイドではない。 「【東京】ゆとりを愉しむ至福のBAR」の著者が贈る女性バーテンダー讃歌である。

この度、書籍『麗しきバーテンダーたち』の6月1日発売を記念し、当該書籍から転載とした。
(※勤務先は取材当時の情報となります。)

 


オークラアクトシティホテル浜松の30階にあるスカイレストラン&ラウンジ「パガニーニ」でバーテンダーを任される宮田裕子(みやた・ひろこ)さんは、パティシエを目指していた。専門学校に通いながら居酒屋でアルバイト。調理担当で全く客とコミュニケーションできない職場に疑問を感じる。そんな折、先輩にバーへ連れて行かれ、客の反応が即座に判るバーテンダーを職業として意識するように。

オークラで求人募集を見つけ、パガニーニのウエートレスに。メインバー「ドン・ジョバンニ」のバーテンダーが辞め、見習いになる機会が巡って来た。最初は何も出来なかった。2年目から各種のカクテルコンペに出場。給料もボーナスもコンペに注ぎ込み、きつい時期もあった。だが、全国の有名バーテンダーたちと壇上にのぼり、目標を明確に、経験を積むことで、仕事の幅が広がった。機会を逃さずに、自らの成長に投資をしてきたことで自信が生まれた。バーには「仕事に終始しない魅力がある。大きな賞が取れるようこれからも精進していきたい」と大きな目を輝かせる。

0001
宮田裕子さん(撮影:斉藤美春)

宮田さんの後、ドン・ジョバンニを守る井口有香(いぐち・ゆか)さんは、専門学校在学中にスイスで研修を受けるなどして外資系のホテルを目指していた。当時、パガニーニでアルバイトを経験。オークラは憧れの職場だった。スイスから帰国後、一時、歯科助手に。しかし、接客業への想いは断ち切れず、念願かなってオークラにやって来た。

ワインの勉強をした経験もあり、バーテンダーは高嶺の花のような職業だと考えた時期もあった。入社半年後、婚礼アシスタントかバーテンダーかという配属の選択肢を上司に与えられ、「これを逃したら、次のチャンスは無い。迷っている場合じゃない」とメインバー配属に。

自分の仕事は「心の医者」と心得る。だからこそ、責任の重さを自覚もしている。「ちょっとしたことで癒やされてもらえればいい」。今日もそう気を引き締め、カウンターに立つ。

0002
井口有香さん(撮影:斉藤美春)


オークラアクトシティホテル浜松 静岡県浜松市中区板屋町111-2 TEL: 053-459-0111
※『麗しきバーテンダーたち』より転載。最新情報については、店舗に連絡を。


たまさぶろ
元CNN 、BAR評論家、エッセイスト
立教大学文学部英米文学科卒。週刊誌、音楽雑誌編集者などを経て渡米。ニューヨーク大学にてジャーナリズム、創作を学ぶ。CNN本社にてChief Director of Sportsとして勤務。帰国後、毎日新聞とマイクロソフトの協業ニュースサイト「MSN毎日インタラクティブ」をプロデュース。日本で初めて既存メディアとウェブメディアの融合を成功させる。これまでに訪れたバーは日本だけで1000軒超。2015年6月、女性バーテンダー讃歌・書籍『麗しきバーテンダーたち』上梓。米同時多発テロ事件以前のニューヨークを題材としたエッセイ『My Lost New York』、2016年1月発売予定。
twitter
https://twitter.com/tamasaburau
facebook
https://www.facebook.com/tamasaburau1
official site たまさぶろの人生遊記
http://www.mag2.com/m/0001604971.html

『麗しきバーテンダーたち』のご購入はこちら

1151147書籍『麗しきバーテンダーたち』


BarTimesMADO

関連記事はこちら

PAGE TOP