BAR TIMES

2015.11.3 Tue

~開業記念日 11月2日から、バー「カメリア」「オーク」で正式に提供開始~ 東京ステーションホテル“100周年記念カクテル”「1915」誕生

日本ホテル株式会社 東京ステーションホテル

東京ステーションホテル(所在地:東京都千代田区丸の内1-9-1)では、100周年記念プロモーションとしてお客様参加型のカクテルコンペティションを開催し、100周年記念カクテル「1915」が誕生したことを発表いたします。ホテルとともにあり続ける、お客様に選ばれたシグネチャーカクテルとして、ホテル開業100周年記念日の本日、11月2日(月)から、バー&カフェ「カメリア」とバー「オーク」で、通年販売いたします。(1杯 1,300円/税込・サービス料10%別)

■お客様からの支持で100周年記念カクテルが誕生
「ホテルの節目に相応しく、100周年記念カクテルをお客様に選んでいただきたい」というバーテンダー達の声から企画が生まれました。

社内選考で12カクテルから3カクテルに絞り、8月24日(月)から10月25日(日)の間、2つのバーで実際にカクテルを販売してお客様に投票いただく「100周年記念 カクテルコンペティション」を開催。カクテルコンペティションでの販売数(1杯1ポイント)と3種類飲んでの投票によるポイント数(1投票5ポイント)、そして、11月1日(日)のスペシャルイベントでの最終投票によるポイント数(1投票5ポイント)の合計を経て、お客様から最も支持の高かった「1915」が100周年記念カクテルに決定しました。
カクテルコンペティションでは3カクテル合計の販売数が1,361杯に達し、期間中多くのお客様にご賞味いただきました。「1915」は販売数が452ポイント、飲み比べての投票は3カクテルの中で最も多く400ポイント、11月1日(日)の最終投票では同じく投票数が最も多く250ポイントを獲得。「1915」を飲まれたお客様からは、「ベースは日本酒なのにほのかに甘味がある」「バランスがよい」「印象的なブルーの色」とお言葉をいただきました。

各カクテルのポイント数(販売数、投票、最終投票のポイント数の合計):
– カクテル「1915」 1,102point
– カクテル「クレマチス」 940point
– カクテル「One White TSH」 945point

■100周年記念カクテル「1915」とバーテンダー 大野 琢治、総支配人 藤崎 斉のコメント
100周年記念カクテル「1915」は、日本酒をベースにスミレやココナッツのリキュールを加え、華やかな香りとバランスの良い甘さ、ホテルカラーの“濃藍色(こいあいいろ)”が印象的なカクテルです。

考案者の大野 琢治は「自分の考案したカクテルが100周年記念カクテルになったこと、何よりも多くのお客様に支持されたことに感謝申し上げます。ぜひカクテルを飲みにお越しください。」とコメントしております。

また総支配人の藤崎 斉は、「お客様とともに100周年記念カクテルが誕生したことを嬉しく思います。本日、東京ステーションホテルは100周年を迎えました。先人達に感謝しながら“未来は過去より永い”と胸に刻み、次の100年へのバトンを繋いでまいります。」と述べております。

100周年記念カクテルの詳細
http://www.tokyostationhotel.jp/100th/anniversary/

関連記事はこちら

PAGE TOP