fbpx

バーをこよなく愛すバーファンのための WEB マガジン

NEW2022.01.6 Thu

全国のバーに無料でお届けします。
お申し込み受付中です。
BARの魅力を詰め込んだ小冊子
「伝燈り(あかり)」第2号発行

「BAR文化の灯とともに」プロジェクト

かけがえのない場所、「BAR文化の灯」とともに
バーとは癒やしの空間であり、自分を取り戻すためのかけがえのない場所。生きづらい世の中に灯る燈り(あかり)のような存在です。コロナ禍において、バーを営まれる方々には厳しい状況が続いていますが、人々が生活様式の変化でストレスにさらされる今こそ、大人の隠れ家としてのバーの価値が再認識されるときだと思っています。

昨年1月「伝燈り(あかり)」創刊。約25,000冊を発行
BAR TIMES では、バーへの想いをともにする皆様と「BAR文化の灯とともに」プロジェクトを立ち上げ、その活動の一環として、2021年1月に小冊子「伝燈り(あかり)」を創刊。全国の2,000店舗を大きく超えるバーに無料でお届けしました。総数で約25,000冊をご提供(一部販売)いたしました。

「伝燈り(あかり)」第2号の発行決定(2022年3月)
「伝燈り(あかり)」創刊号にはたいへん大きな反響をいただき、昨年3月に実施したアンケートでは送付したバーの実に99%から第2号の発行を希望する声が寄せられました。創刊号から1年の時を経て、いよいよ「伝燈り(あかり)」第2号を発行することが決定いたしました。

タイトル「伝燈り(あかり)」に込めた想い
バー文化とは何かと考えたとき、日本においてはバーテンダーそのものであり、そうした場を設える精神と技術なのでは、と。このような思いから、「伝統」と「燈り」の意味を込めて、小冊子のタイトルは「伝燈り(あかり)」としました。


上の画像は創刊号の表紙と巻頭ページ


読み応えのある編集企画。
お客様と「BARを語る」話題の一つに

「伝燈り(あかり)」創刊号では、城アラキさん(漫画原作者)、谷村志穂さん(小説家)、そしてレジェンドバーテンダー毛利隆雄さんの貴重なロングインタビューが収録され、バーテンダー、バーファンの皆様から注目を集めました。第2号では、さらに編集企画を充実させ読み応えのある内容となっております。収録内容の詳細は、BAR TIMES で順次ご紹介いたします。

「伝燈り(あかり)」第2号を無料でお届け(バー限定)
バーテンダーの皆様にエールをお送りする気持ちで、本書にはバーの魅力を詰め込みました。バーテンダーの皆様に限り、送料も含め無料で進呈いたします。ぜひこの機会に下のバナーよりお申込みいただき、「伝燈り(あかり)」第2号をご一読いただけると幸いです。(一般の方には3月下旬以降に有料販売を実施いたします。)

「伝燈り(あかり)」の無料送付お申し込みはこちら

  • 申込み締切:2022年2月28日(月)17時
  • 上記締切前でもお申し込み件数が2,000件に達し次第受付を終了いたします。
  • 「伝燈り(あかり)」創刊号が届いた店舗様も改めてお申し込みが必要です。
  • 「伝燈り(あかり)」第2号は2022年2月下旬より順次発送いたします。
  • 「伝燈り(あかり)」第2号は、本体及び送料も無料でお届けします。
  • お申込みはバーテンダーの方に限ります。
  • 一つのお申込みに対し10冊お送りいたします。
  • 本書の転売はご遠慮ください。
  • 一般の方向けに3月下旬より有料販売をいたします。詳細は改めてBAR TIMES でお知らせいたします。

関連記事はこちら

PAGE TOP