BAR TIMES

2018.11.5 Mon

ジェムソン誕生の地 ”ボウ・ストリート”へオマージュを捧げる『ジェムソン ボウ・ストリート 18年』
11月5日から数量限定発売

ペルノ・リカール・ジャパン株式会社

ペルノ・リカール・ジャパン株式会社(本社:東京都文京区 代表取締役社長:ティム・ペック)が展開するアイリッシュウイスキー「ジェムソン」では、『ジェムソン ボウ・ストリート 18年』を2018年11月5日(月)から数量限定で発売します。No.1アイリッシュウイスキーとして世界中で愛飲されている「ジェムソン」の歴史は、1780年に創業者のジョン・ジェムソンが、アイルランドの首都ダブリンの“ボウ・ストリート”にジェムソン蒸留所を設立したのが始まりです。ジェムソン ボウ・ストリート蒸留所は約200年稼働し続けた後に、ウイスキー製造の役目をアイルランド南部にあるコーク市のミドルトン蒸留所に譲りました。「ジェムソン」では、この誕生の地へのオマージュとして、ボウ・ストリート旧蒸留所で仕上げた『ジェムソン ボウ・ストリート 18年』を造り上げました。

『ジェムソン ボウ・ストリート 18年』は、極めて限られた数量しかリリースされない、「ジェムソン」ラインナップの最上位アイテムです。また、定番アイテムとしては初の加水調整をせずに樽出しのまま瓶詰めを行う“カスクストレングス”のウイスキーです。コーク市のミドルトン蒸留所で3回蒸留した3種の希少なウイスキーを、厳選したヨーロピアンオーク樽とアメリカンオーク樽で18年以上熟成しました。そして、そのウイスキーを「ジェムソン」の故郷、ダブリンのボウ・ストリート旧蒸留所へ移し、ファーストフィルのバーボン樽でさらに寝かせて仕上げました。その結果、「ジェムソン」の特徴であるスムースでバランスの良い味わいはそのままに、さらに豊かな個性を持ったウイスキーが出来上がりました。スパイシーで樽由来のトフィーを感じるアロマや、芳醇で複雑な風味が広がり、長い余韻が最後まで感じられます。

また、『ジェムソン ボウ・ストリート 18年』のパッケージもユニークです。ボトルは18面にカットされた多面体のデザインで、18年の熟成年数を表しています。蓋に銅板を用いた木箱には、ジェムソン ボウ・ストリート旧蒸留所の地図が刻まれ、木箱の底には購入者限定のオンラインブランド体験への招待状となる銅メダルがはめ込まれています。

ジェムソン誕生の地へオマージュを捧げるプレミアムな逸品、『ジェムソン ボウ・ストリート 18年』をぜひお楽しみください。



商品概要
発売日:2018年11月5日(月)より出荷開始
参考小売価格:16,568円(税込17,893円)
容量:700ml
アルコール度数:約55度(カスクストレングス)
※カスクストレングスにつきアルコール度数はバッチナンバーにより異なります。
熟成:
(1) コーク、ミドルトン蒸留所
3種の希少なウイスキーを、厳選したヨーロピアンオーク樽とアメリカンオーク樽で18年以上熟成。
(2) ダブリン、“ボウ・ストリート”のジェムソン蒸留所
ミドルトン蒸留所からウイスキーを移し、ファーストフィルのバーボン樽を用いてさらに熟成。

[製品特徴]
ジェムソン誕生の地、ダブリンでの熟成
ミドルトン蒸留所で3回蒸留し熟成したウイスキーを、ダブリンのボウ・ストリート旧蒸留所へ移し、さらに熟成して仕上げました。1970年代の蒸留所閉鎖以来、長い時を経て再びダブリンから希少なウイスキーが誕生します。
 少量生産、クラフトの極み
ボウ・ストリート旧蒸留所の熟成スペースは大変狭く、一度に熟成できる樽の数は最大で72樽です。そのため、『ジェムソン ボウ・ストリート 18年』は極めて限られた数量しか製造されず、数量限定となります。
 定番商品で初となる、カスクストレングスのウイスキー
加水によるアルコール度数の調整をせず、熟成した樽から瓶詰めを行います。「ジェムソン」の定番商品としてのカスクストレングスの発売は初めてであり、ラインナップの最上位に位置づけられます。


[テイスティングノート]
香り:樽を感じさせる豊かな香りに、深みのあるトフィーとスパイスの香りが重なる。
味わい:香りに続くトフィーとオークの味わいと共に、レザーとバニラがほのかに漂い、さらにシェリー由来のわずかなナッティさが芳醇さと複雑さを醸し出す。
フィニッシュ:甘いトフィーに始まり、徐々に現れるトーステッドオーク由来の味わいとスパイシーさが、最後まで余韻として長く続く。

[パッケージデザイン]
(1) 多面体のボトル
ボトルの18面は、上質なオーク樽で熟成された18年の時を表しています。
(2) ポットスチルを表す銅板
木箱の蓋は、レーザーでエッチングした銅板を採用。この特別なウイスキーの蒸留に使われた銅製ポットスチル(蒸留器)をイメージしています。
(3) ボウ・ストリート蒸留所の地図が刻まれた木箱
アイリッシュウイスキーの聖地に親しみを感じられるよう、ジェムソン ボウ・ストリート蒸留所の地図をレーザーで刻みました。
(4)インビテーションの発見
木箱の底にはめ込まれた銅メダル上のコードを使ってオンラインブランド体験が楽しめます。
※言語は英語のみです。



ジェムソンについて
18世紀のアイルランドはウイスキー発祥の地として知られ、ダブリンのウイスキーは世界最高と見なされていました。スコットランド人のジョン・ジェムソンがアイルランドへ渡り、偉大なアイルランドの伝統を受け継いで、「ジェムソン」を完成させました。ピートを使わず、大麦、モルト、グレーンの3つを原料とし、3回蒸留によって造られる「ジェムソン」の豊かな香味とスムースな味わいは、No.1アイリッシュウイスキーとして世界中で愛されています。日本では、フラッグシップの「ジェムソン スタンダード」と「ジェムソン ブラック・バレル」、そして2017年9月から新登場の「ジェムソン カスクメイツ」を展開しています。


[WEB]http://www.jamesonwhiskey.com/jp/
[facebook]http://www.facebook.com/Jameson.Japan
[Twitter]http://twitter.com/JamesonJapan
[Instagram]@jameson.japan
[Hashtag]#ジェムソン

関連記事はこちら

PAGE TOP