BAR TIMES

2015.11.9 Mon

ホセ・クエルボ社主催 “真のテキーラ・チャンピオン”
「ドン」を決める初の世界大会『ホセ・クエルボ ドンズ・オブ・テキーラ』
日本代表の江刺 幸治さんが世界総合優勝

アサヒビール株式会社

アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 小路明善)が日本国内で販売するテキーラブランド『クエルボ』の製造会社であるホセ・クエルボ社が主催する『ホセ・クエルボ ドンズ・オブ・テキーラ』の世界大会が10月31日(土)から11月2日(月)にメキシコで開催され、日本代表の江刺 幸治(えさし こうじ)さんが世界総合優勝の栄誉を獲得しました。

DSC0139江刺さんが世界大会で制作したオリジナルカクテル

 『ホセ・クエルボ ドンズ・オブ・テキーラ』は、ホセ・クエルボ社が主催する、世界規模でテキーラ・チャンピオン「ドン」を選出するコンペティションです。今回が初開催となり『クエルボ』が販売されている主要16カ国で予選が行われ、日本からは2015年7月12日に東京で開催された日本大会で優勝した江刺さんが日本代表として世界大会に参加しました。

 各国で予選を通過した16名は、2015年10月31日(土)から11月2日(月)に、メキシコのクエルボ社の蒸溜所で開催された世界大会に参加し、『クエルボ・エスペシャル・シルバー』もしくは『クエルボ・エスペシャル』と現地の食材を使用したオリジナルカクテルを作成する「マーケットチャレンジ」、15種類の果物やスパイスなど様々な香りを当てる「アロマチャレンジ」、5分以内に課題カクテルを作成する「スピードチャレンジ」を行い、上位5名がグランドファイナルに進出しました。
江刺さんは、バーテンダーとしての技術、オリジナルカクテルだけでなく、テキーラへの情熱、『クエルボ』ブランドへの想いが高く評価され、世界各国の代表者の中からホセ・クエルボ社の伝統と情熱を伝える事のできる“テキーラ・チャンピオン”に選出されました。ホセ・クエルボ社からは名誉ある「ドンズ・オブ・テキーラ」の称号と共に、景品として「自らブレンドし、自らの名を冠した504L(60ケース)のクエルボ・テキーラ」が贈られます。

 今後、江刺さんは「ドンズ・オブ・テキーラ」として、また『クエルボ』ブランドのアンバサダーとして、日本で、そして世界で活躍いただくことになります。アサヒビール㈱では、江刺さんと共に、日本国内での「クエルボ」のさらなるブランド認知の拡大を目指します。

江刺 幸治さんプロフィール

店舗名/Spirits Bar Sunface
出身地/千葉県

19歳から飲食業界に携わり、23歳からテキーラバーの店長となる。その後オーセンティックバー、ラムバーなどの経歴を生かし、4年前にスピリッツをコンセプトとした「SPIRITS BAR Sunface」をオープン。特にテキーラに注力しており、現在テキーラの品揃えは350種類以上。2012年より毎年メキシコに渡航し、現地のテキーラバーや酒屋、蒸留所を視察。その他、国内外のBAR巡りなども定期的に行っている。そこで得た知識を、自身が所属する日本初のスピリッツに特化したプロモーションユニット「JUAST(ジャスト)」が全国で主催する「TEQUILA FESTA」や「TEQUILA LOUNGE」、各種イベントやセミナーを通して、日本のテキーラ市場発展のために尽力している。

Koji_Esashi<左:江刺幸治さん 右:ホセ・クエルボ社:ドン・フランシスコ氏>ドン・フランシスコ氏はテキーラ業界に10名いるテキーラマスターに初めて認定され、ホセ・クエルボ社の様々な製品の開発にも携わったホセ・クエルボ社元マスターディスティラーです。

関連記事はこちら

PAGE TOP